学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)は、4月4日より映画館「新宿バルト9 シアター7」にて、第4期生を迎える「平成31年N高等学校 バーチャル入学式」を開催しました。バーチャル入学式では新入生がVRデバイスを着用し、仮想空間にて式が行われました。また、VTuberバーチャルユーチューバー)のみみたろうさんが司会進行をつとめました。

N高等学校では、平成31年度は4004名の新入生が入学し、新宿バルト9の会場およびニコニコ生放送での「ネット入学式」にて式を開催。14:00より行われた入学式の中継配信では、来場者数が7,000人を突破しました。

司会進行は、地上波で放送された番組「マツコ会議」で取り上げられて話題となった、教育系VTuberみみたろうさんが担当しました。また、奥平博一校長やノーベル生理学・医学賞を受賞された来賓の大村智教授が3Dアバターで登壇しました。

会場の新宿バルト9では多人数同時鑑賞が可能なVR設備を使用し、新入生がVRデバイスpico」を着用してバーチャル入学式を開催。仮想空間の会場に移動し、新入生は男子・女子生徒・動物の3Dアバターの「バーチャル入学生」として式に参加しました。仮想空間では自由な席移動ができたり、桜のはなびらやコメントに触れられる機能が用意されたりと、仮想空間ならではの自分だけのオリジナルな入学式が演出されました。

ビーチ、宇宙空間、ノーベル賞授賞式などバーチャルな会場で式を開催

式はみみたろうさんによる開会宣言から開始し、新宿バルト9を模した入学式会場から沖縄のビーチ、宇宙空間ノーベル賞授賞式の会場へと移動しながら進行が行われました。式には3D化した奥平校長や大村智教授の他、山中理事長、うるま市の島袋市長、伊計島自治会長の玉城会長が映像にて登壇し、祝辞で新入生を歓迎しました。

バーチャル入学式はおよそ30分間実施。ヘッドセットを外した後は、新入生の原口沙輔さんが新入生を代表して宣誓を行いました。キャンパス・年間行事の紹介VTRが映され、校歌斉唱を行って式は閉幕しました。

N高では2016年GearVR、2017年にHoloLensを用いた入学式を行ってきましたが、今回は新宿バルト9 シアター7に設置された本格的なVR設備を使用する最初のイベントとして、大掛かりなバーチャル入学式が実現しました。式の様子は、ニコニコ生放送バーチャル入学式の配信ページにてタイムシフトで視聴が可能です。

N高等学校およびVTuberみみたろうに関する記事はこちら。

「N高等学校」のネット入学式で、Gear VRを用いた沖縄本校とのVR中継が行われる

「N高等学校」のネット入学式で、Gear VRを用いた沖縄本校とのVR中継が行われる

MoguraVR

「物理的な距離をなくす」ために  HoloLensを使ったN高入学式を支えたMR技術

「物理的な距離をなくす」ために  HoloLensを使ったN高入学式を支えたMR技術

MoguraVR

日テレ「マツコ会議」でVTuber特集 「ふくやマスター」や「みみたろう」がテレビ出演!

日テレ「マツコ会議」でVTuber特集 「ふくやマスター」や「みみたろう」がテレビ出演!

MoguraVR

(参考)平成31年度 N高等学校 バーチャル入学式 配信ページ