2019年4月2日、香港で開催されたサザビーオークションで88.22カラットオーバダイアモンド (Dカラーフローレス、タイプ2A) が競売にかけられ、日本人の個人コレクターによって、1億800万香港ドル (約15億3,000万円) で落札されました。

88.22 カラット Dカラー フローレス タイプ2A オーバルダイアモンド (C)サザビーズ
50カラット以上のオーバダイアモンドが登場したのはオークション史上これが3つ目。落札者がこのダイアモンドをはじめて見たのは3月に東京で開催された下見会でのことです。3人の入札者が競り合った結果、落札予想価格の8,800万~1億香港ドル (約12億5,000万~14億2,000万円) を上回り1億800万香港ドル (約15億3,000万円)、1カラット当たり124万香港ドル (約1,800万円) で落札されました。

サザビーアジア会長のパティウォンは、次のようにコメントしています。
「この最高の品質で並外れたサイズダイアモンドの落札結果は、サザビーズのアジアにおける新しい記録の一つに加わりました。このダイアモンドをめぐっては、アジアからの3人の入札者によって競り合いが繰り広げられ、アジアでの最高品質のダイアモンドへの需要の高さが証明された形となりました。地球の産み出した最古で最高の宝物がたどる軌跡の中で、訪れたハッピーな瞬間です。」

完璧な石
このダイアモンドは、品質等を評価する基準である4つのC(カラー、クラリティー、カラットカット)のすべてにおいて最高ランクを獲得しており、色はDカラー(完全に無色で、ホワイトダイアモンドでは最高等級)です。クラリティーはフローレス、つまり10倍に拡大してみても内部・外部ともに内包物や傷が一切なし、カットやポリッシュ(研磨)そしてシンメトリー(対称性)に関してもいずれもエクセレントで、完璧な石といえます。
英国の王冠の宝石の一部に使われている、同じくオーバルカットのKoh-i-noorやCullinan Iダイアモンドと同様に、この石はタイプ2A と呼ばれ、ダイアモンド全体の2%に満たない極めて稀なグループに属します。タイプ2Aは不純物窒素を含まない純粋な炭素だけでできたダイアモンドで、非常に優れた透明度を持っています。

人間によって生命をもたらされた自然の傑作
加工後に80カラット以上となるダイアモンドの原石は、非常に希少です。デビアスとボツワナ政府両方によって所有されている、ジュワネン鉱山で242ラットの原石が見つかりました。この鉱山はとても高い品質の原石が採れる事で有名です。
発見後、数ヶ月の期間にわたって原石は慎重にカット、研磨され、均整がとれ且つ輝きの強い印象的なオーバダイアモンドに仕上げられました。オーバルカットは、この原石の細長い形状から最大の重量(カラット数)を維持するために選ばれました。これほど重要な石をカットするには、高い技能と正確さを要します。この石は、世界中でほんの一握りのダイアモンドカッター(研磨職人)だけが持つ高いレベルの専門知識と職人技により誕生したのです。

88 - ラッキーナンバ
中国や他のアジア諸国の文化では、8は「完璧、繁栄、永遠」の象徴としてラッキーナンバーとされています。8(bā) の中国語の発音は、富や幸運を意味する發(fā) の発音に似ており、豊かさを表します。88のように8が2重になるのは、たくさん幸福をもたらすと言われ、視覚的にも88と文字の囍 (「2重の喜び」の意) とよく似て、装飾的なデザインでも人気があります。

サザビーズ香港 春季オークション
3月29日-4月3日までの会期でコンテンポラリーアート、中国美術、ワインなど様々な分野のオークションを香港コンベンションセンター(HKCEC)にて一同に開催。ジュエリーオークションは4月2日、時計オークションは4月3日に行われました。東京では3月19日に、ジュエリーと時計の出品作品の一部を実際にご覧いただける下見会を行いました。
サザビーズのジュエリーと時計オークションは香港だけでなく世界各地で定期的に開催されています。最大規模のジュネーブは、貴族や王族由来のジュエリーやビンテージ時計が集まり、数十億という高額で落札されるものもあります。昨年は、マリー・アントワネットゆかりのジュエリーが出品され、話題を呼びました。2019年オンラインオークションも含め、ジュエリーと時計のオークションだけで計約40回開催される予定です。各オークションには、数十万円から数百万円の比較的お手頃なアイテムも出品されています。


Sotheby’s(サザビーズ)とは
1744年の創業以来、蒐集家と世界の美術品をつなぐ役目をはたしてきました。現在は、世界40カ国に90の事業所を要するグローバル企業で、西洋近代美術、現代美術、中国美術、時計、ジュエリーなど70以上の分野において年間約250オークションを開催。ニューヨークロンドン、香港、パリを含む世界9箇所にセールルームを持ち、すべてのオークションをネット上のライブで視聴し世界のどこにいても入札に参加できるプログラムサザビーズ・ビッド・ナウもあります。
サザビージャパン(本社:東京都千代田区 代表取締役会長兼社長 石坂泰章)では、専門知識をもつ海外のスタッフと日本のお客様とをつなぐ架け橋として、オークションへの入札・出品、作品の査定、コレクション形成等、アートに関する様々なご要望に日本語で対応しています。(www.sothebys.com/jp)
尚、オークションカタログは全てwww.sothebys.com 又はSotheby’s Catalogue iPad Appにてご覧頂けます。

配信元企業:株式会社サザビージャパン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ