しっとりした皮と甘い餡子が奏でるハーモニーがたまらない、どら焼き
どら焼きといえば、ドラえもんが満面の笑みで美味しそうに食べる姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

老舗店からコンビニまでどこでも簡単に手に入るどら焼きですが、京都に作りたてならではの美味しさを味わえる専門店があるんですよ。
今回は、ドラえもんに教えたくなるほどどら焼きが絶品の「どらやき 亥ノメ」をご紹介しましょう!

北野天満宮参拝後のひと休みにピッタリ


京都市上京区。北野天満宮のほど近くに佇む、どら焼き専門店「どらやき亥ノメ(いのめ)」。オレンジのドアとテイクアウト用の小さな窓が目印です。



5席ほどのカウンターがある店内では、作りたてのどら焼きを味わうことが可能。オーダーごとに一枚ずつ丁寧に皮が焼かれます。



イートインでは有塩バター、無塩バターラムレーズンチーズ、生クリームの5種類からトッピングできます。おうすや有機栽培のお茶などドリンクも充実。

甘い香りがたまらない!


見事な焼き色と丸いフォルムに目を奪われるどら焼き!トッピングには有塩バターセレクト



ふっくらと焼き上げられた皮は表面が艶やか。ふわっと漂う甘い香りに食欲も一層刺激されます!



国産小麦粉や京都産の玉子、ハチミツなどを練り上げたという皮は、しっとりした口当たり。焼きたてなので香ばしさが際立ちます。
北海道産の小豆を使った餡子は甘さ控えめ。素材の旨味が引き立ったやさしい味わい。
これだけでも超美味のどら焼きですが、バターを馴染ませれば塩気が絶妙なアクセントに!

思わずドラえもんに教えてあげたい気持ちになってしまう、極上のどら焼きでした。



爽やかな香りと、まろやかな甘味の有機煎茶。言うまでもなくどら焼きに最高に合います。


「亥ノメ」ではイートインで味わえるどら焼きをやや小さめにした「亥ノどら」も販売。あずき、抹茶、黒糖、くるみという豊富なラインナップでお土産にもピッタリ。
北野天満宮を参拝した後のひと休みにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

どらやき 亥ノメ
住所 京都府京都市上京区紙屋川町1038−22
電話番号 非公開
営業時間 9:0017:00(喫茶は11:00~16:00
定休日 水曜日・第2・第4木曜日・毎月26日
https://www.instagram.com/dorayaki.inome/



[All photos by Nao]

『【京都一人旅特集】すべて現地取材!おひとりさまグルメからおすすめのお土産まで』『京都人気土産の「阿闍梨餅」!満月本店の作りたて阿闍梨餅がおいしすぎた』もぜひあわせてチェックしてくださいね