1番人気に支持されてアガラスは直線外から伸びてくるも、4着までとなった。
中団からレースを進めるも、動けないまま直線をむかえてスパートを開始。逃げ馬に33.9の脚を使われてはどうにもならなかった。レース後「残念ながら超スローペース…」とサバサバした表情でレースを振り返った。

4着 アガラス
Cルメール騎手
「残念ながら超スローペース。彼は長く良い脚を使うタイプで、府中の1600mはピッタリだと思います」

レース結果、詳細は下記のとおり。

6日、中山競馬場で行われた11R・ニュージーランドトロフィー(G2・3歳オープン・芝1600m)で4番人気、内田博幸騎乗、ワイドファラオ(牡3・栗東・角居勝彦)が快勝した。クビ差の2着にメイショウショウブ(牝3・栗東・池添兼雄)、3着に2番人気のヴィッテルスバッハ(牡3・美浦・池上昌和)が入った。勝ちタイムは1:34.2(良)。

1番人気でC.ルメール騎乗、アガラス(牡3・美浦・古賀慎明)は、4着敗退。なお、9番のアンクルテイオウは出走取消となっている。

【阪神牝馬S】ミッキーチャームが重賞初制覇!

ヘニーヒューズ産駒 ワイドファラオ

【ニュージーランドT】ルメール「超スローペース…」1番人気アガラスは4着まで

ワイドファラオマイペースに持ち込み、逃げ切りで嬉しい重賞初制覇を飾った。スタートから先手を奪うと他馬に競りかけられることなく先頭をキープ。各ジョッキーが「超スローペースだった」とレース後、コメントする中で松岡正海騎乗のミッキーブラックが向こう正面で果敢にペースアップ。押し上げを図ったが、逃げたワイドファラオに33.9で上がられては後続になす術はなかった。

ワイドファラオ 4戦2勝
(牡3・栗東・角居勝彦)
父:ヘニーヒューズ
母:ワイドサファイア
母父:アグネスタキオン
馬主:幅田昌伸
生産者:フジワラフアーム

【全着順】
1着 ワイドファラオ
2着 メイショウショウ
3着 ヴィッテルスバッハ
4着 アガラス
5着 ショーヒデキラ
6着 コスモカレンドゥラ
7着 ココフィーユ
8着 アフランシール
9着 ミッキーブラック
10着 カルリーノ
11着 グラナタス
12着 ホープフルサイン
13着 ダイシンインディー
14着 エリーバラード
(出走取消) アンクルテイオウ

※主催者発表のものと照らし合わせください