Image: Alex Wong/Getty

利用はプライム会員限定だったりして。

企業が一枚岩になったとき、破滅への道に向かうことがあります。かつてはディズニーフロリダに、そしてフォードブラジルアマゾン熱帯雨林に一大コミュニティーを形成し、廃れていったことも……。しかしテック界のEC巨人Amazonアマゾン)は、地上ではなくに向かい、壮大な全世界インターネットの先駆者になろうと画策しているようなのです。

Amazonの計画とは?

その名は、「プロジェク・カイパー」。これは太陽系の外で環状に天体が密集する領域「カイパーベルト」に由来しています。

Amazonは地球の低軌道に約3,200機人工衛星を打ち上げ、地球のおよそ95%ネット回線を提供しようといます。この計画はGeekWireが見つけ、Amazonがその存在を認めました。そして「プロジェク・カイパー」には期限がなく、Amazonとしても長期計画になることを覚悟しているようです。

ほかにも実施計画を持つ企業

しかしSpaceXも、すでに「Starlink」という世界規模のインターネット網を人工衛星で構築する計画を打ち出しており、1万2000の衛星打ち上げに認可も貰っています(まだひとつも軌道上にいませんが)。それに2年前には、OneWebが連邦通信委員会から720人工衛星を打ち上げるOKを貰っており、昨夏に6機が打ち上げられ、Facebookでも数年かけて開発された「Project Athena」2019年に打ち上げられることが認められています。

Googleでは、熱気球でLTE基地局を飛ばして僻地にネット回線を届けるProject Loon」何度も落っこち、特許侵害で訴訟を起こされたものの、今年中にケニヤでまた気球を飛ばす計画があります。みんなみんな、空からインターネットを届けようと躍起なのです。

宇宙ネット回線の未来は明るいか?

我々はいつか、宇宙インターネットを使えるようになるのでしょうけれども……遅くてバグが多く、Facebookフィリピンで無料回線を提供し、それを大統領選に利用した人物が独裁者になったように、誰も望まない独占企業による副作用なんかがあるかもしれません。ネガティヴ思考で見るとダークな未来が待っていそうですが、どの企業も私腹を肥やすためではなく、人類のために活用して欲しいものですね。

Amazonの衛星を打ち上げるのはBlue Originロケット? ここも気になります。

ベゾス設立の宇宙航空会社Blue Origin、エンジン工場の建設をスタート

Source: Wikipedia (1, 2), The New York Times, GeekWire, OneWeb, WIRED, Bloomberg Law, CNBC, Intelligencer