恋人に洋菓子店をプレゼントポルトガル伝統のクリーム菓子など販売予定と母国報道

 ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドサッカー選手を主軸としながらも、多くの事業を手がけている。そのロナウドがトリノ市内中心部にパティスリー(菓子店)をオープンする準備をしていると、イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が伝えている。

 世界一有名なサッカー選手として名を馳せるロナウドは、本職のサッカー選手以外にも多くの事業に携わっている。アパレル事業を展開したり、ホテル経営に乗り出したりして、時にサッカー以外の話題で世間を騒がせている。最近では、マドリードに植毛クリニックオープンさせて脚光を浴びていた。

 そして、ロナウドは間髪を入れずに新事業に乗り出すようだ。「カルチョメルカート・コム」は「コリエレ・ディ・トリノ」の記事を引用し、ユベントスの本拠地であるトリノ市内の中心部にパティスリーをオープンする準備をしていると伝えている。

 ロナウドサッカー選手引退後にパティシエになるのかと思いきや、それは昨年に婚約が報じられた恋人のジョルジーナ・ロドリゲス氏へのプレゼントという噂だ。ポルトガルデジタルマガジンセルフィー」は、彼女は「CR7&ジョルジーナ」という名でビジネスを展開するつもりで、ポルトガルで人気のある伝統的なクリーム菓子「パステル・デ・ナタ」などを販売する予定となっていると報じている。

 現在のトリノでのロナウドフィーバーを考えれば、行列店となることは間違い。これでロナウドサッカーだけでなく、スイーツでも名を馳せることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】