2020年3月、日生劇場にて、日本初演のミュージカルホイッスルダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』の上演が決定した。

本作は、『オペラ座の怪人』や『キャッツ』等数々の傑作を生み出したミュージカル界の大巨匠アンドリューロイド=ウェバーと、ミートローフやセリーヌ・ディオンなどにヒット曲を提供し、ソングライター殿堂入りも果たしている、ジム・スタインマンがタッグを組んだ感動作『Whistle Down the Wind』。映画化もされた同名小説を原作にした本作はウェストエンドにて1000回を超えるロングランを記録し、劇中歌「No Matter What」は世界18カ国でヒットチャート1位、プラチナディスクを獲得している。

そして今回待望の日本の初演では、緻密な舞台演出で様々な名作を生み出している白井晃を演出に迎え、主演にミュージカル『キンキーブーツ』のドラァグクイーン役で第24回 読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞、再演でも同役を続投し、演劇の世界でもその存在感を確固たるものにしている三浦春馬、そしてヒロインに日本ミュージカル界では欠かせない女優となり、先日第44回菊田一夫演劇賞も受賞した生田絵梨花という、今演劇界で最も注目を集める二人の共演が実現した。脱獄犯である「男(ザ・マン)」役を三浦春馬、その「男(ザ・マン)」をイエス・キリストの生まれ変わりだと信じる無垢な少女・スワロー役を生田絵梨花が演じる。

(左から)三浦春馬、生田絵梨花

(左から)三浦春馬、生田絵梨花

アンドリューロイド=ウェバーの美しい音楽にのせて紡がれる、観る者の魂を揺さぶる感動のミュージカルに期待しよう。

「男(ザ・マン)」役・三浦春馬コメント

アンドリューロイド=ウェバーの作品に挑戦させて貰える機会をもらえた事に喜びを隠せません。
ずっと仕事をさせてもらいたかった白井晃さん、生田絵梨花さんから沢山の事を学べるこの舞台を丁寧に創り上げ、より多くの方にミュージカルを身近に感じ、劇場に足を運ぶ1つのきっかけになるよう頑張っていきたいと思います!

スワロー役・生田絵梨花 コメント

音楽を全編聴き、美しいメロディに心揺さぶられました。この作品がどのように作られていくのか今からとても楽しみです。演出家の白井晃さん、三浦春馬さんから沢山吸収させていただきながら、皆さまの心にお届けできるよう精一杯務めます。

ストーリー
1959年ルイジアナ。脱獄した一人の「男(ザ・マン)」が納屋に身を潜める。その「男(ザ・マン)」をイエス・キリストの生まれ変わりだと思い込む少女、スワロー。スワローは母親を亡くし、父親のブーンと幼い妹や弟たちと暮らしていた。母を亡くした悲しみに沈むスワローが望むクリスマスプレゼントは、「死んだお母さんにもう一度会う」こと。その願いを打ち明けられた「男(ザ・マン)」は、汚れなき瞳を持つスワローに自分の本性を打ち明けることができず、キリストとして過ごす事になる。一方、スワローの幼馴染であるエイモスとそのガールフレンドキャンディは閉鎖的な街を抜け出し、新しい人生を送ろうと企てる。しかし、スワローに思いを寄せ助けようとするエイモスを見て、キャンディは嫉妬し、スワローを罠にはめる。スワローは「男(ザ・マン)」がキリストでないことに気づき始めるが、2 人は次第に街の人々との対立に巻き込まれ……。