報道関係者 各位
プレスリリース

2019年4月8日
株式会社リーフワークス
代表取締役 澤 健太

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    アフィリエイト広告配信システムアフィリコードシステム」で
     ITP2.1対応を行い、Ver.3.0.1としてバージョンアップしました。
            https://system.affilicode.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

WEBパッケージ製品の開発販売を展開する株式会社リーフワークス
(所在地:滋賀県大津市、代表取締役 澤 健太、URL https://www.leafworks.jp/ )は、

本日(4月8日)、アフィリエイト広告配信システムアフィリコードシステム」で、「ITP2.1」対応バージョンアップデートしました。
アフィリコードhttps://system.affilicode.jp

▼背景

Apple社の提供する「iOS12.2」以降で提供される「Safari12.1」から「ITP2.1」が実装されました。

以前の「ITP2.0」では「1st party cookie」を利用することで成果認証を実現していましたが、「ITP2.1」ではクライアントサイドで発行した「1st party cookie」が8日後には削除されてしまうという仕様に変更され、これまでのトラッキング方式では、正常に成果計測が行えない状況になりつつあります。

これらを踏まえ、この度「ITP2.1」に対応したトラッキング機能を実装した「アフィリコードシステム Ver.3.0.1」をリリースしました。

▼ITP2.1対応の概要

アフィリコードシステム」で利用できるタグを1種類(ITP2.1対応タグ)追加します。

ITP2.1対応タグは、従来の「着地点タグ」、「コンバージョンタグ」に加え、「phpファイル」を広告サイト側のサーバーに設置することで、サーバーサイドでのCookie発行とし、8日以上の有効期限を持ったCookieの付与を実現します。

このタグは、従来のタグと互換性を維持しておりますので、これまでの3rd Party Cookieを利用した認証やITP2.0以前の1st party cookieも扱うことができます。

従いまして、1st Party / 3rd Party のどちらのCookieにも対応していますので、
ITP機能を実装していないブラウザ・端末では、従来と同様の計測が可能です。

※ITPに対応した計測を行う場合

成果地点にコンバージョン計測タグ(JSタグ)を設置することに加え、広告遷移後の着地ページにも、新仕様のJSタグを設置およびphpファイルの設置をする必要があります。

アフィリコードに関する詳細はこちら
https://system.affilicode.jp/

株式会社リーフワークスは「アフィリコードシステム」を通じて
CPA広告への革新的なチャレンジを続け、業界の活性化を創出するよう取り組んでまいります。

【会社概要】

会社名   株式会社リーフワークス
代表者   代表取締役 澤 健太
資本金   10,000,000円
設 立   2010年7月6日
所在地   〒520-0242 滋賀県大津市本堅田4-16-3 エルミナ堅田ビル 2F、3F
TEL     077-535-9027
FAX     077-535-9029
URL     https://www.leafworks.jp/
Email    contact@leafworks.jp
事業内容
      1.WEBサイト企画・制作・運営事業
      2.WEBパッケージ製品開発・販売事業
      3.WEBシステムソリューション事業
      4.ITコンサルティング事業





配信元企業:株式会社リーフワークス

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ