フュージョン株式会社は、2019年4月1日国立大学法人北海道大学(総長:名和豊春)が産学・地域協働推進機構に設置した産業創出部門(先進ITプロトタイプ研究部門)に協同参画し、同大学の施設内に研究室を設置したことにつきましてお知らせいたします。

1.参画の目的
 北海道大学の先進ITプロトタイプ研究部門は大学・企業におけるIT分野の研究シーズを短期間で社会実装するプロトタイプ開発の場の創出を目的としており、特にIoTビッグデータ、AIを活用した地域経済の活性化が期待されています。この度の取り組みは、大学と企業コンソーシアムが連携して、IT分野のプロトタイプ開発を短期間で行う産学協働組織を発足するものです。
 当社は、共同研究テーマ「ITシーズ技術を社会実装するためのプロトタイプ開発」において、北海道大学の最新の研究開発環境を活用し、当社の持つビッグデータ分析ノウハウを更に高度化し、他の参画企業と協働して新たな価値を創出してまいります。

2.産業創出部門(先進ITプロトタイプ研究部門)の特徴
 産業創出部門は北海道大学が企業と組んで行う共同研究の新しい形態です。従来型の共同研究が、大学の一研究者(または研究室)と企業の研究所や研究開発部門との共同研究であるのに対し、産業創出部門は、大学と企業双方のトップマネジメントがコミットしながらイコールパートナーシップの下、両者が研究や経営のリソースを提供しながら新産業の創出や事業化を目指すものです。
 今回当社は、複数の民間企業と共に北海道大学の施設内に研究室を設置し、2年間の共同研究を行ってまいります。


≪本リリースについてのお問い合わせ先≫
フュージョン株式会社 管理部
TEL: 011-271-8055 【対応時間】9:0018:00(土日祝休)
URLhttps://www.fusion.co.jp/contact/pc.html

配信元企業:フュージョン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ