テレビアニメ賢者の孫」が4月10日(水)より、ABCテレビTOKYO MXほかにて放送スタートする。

【写真を見る】主人公・シンを演じる小林裕介がレモンパネルを持ってニッコリ

同作の放送を前に、主人公・シン役の小林裕介アールハイド王国の王子・アウグスト役の小松昌平ヒロイン・シシリー役の本泉莉奈、そしてシシリーの良き友人であるマリア役の若井友希役の4人の座談会を実施した。

同作は賢者の元で育てられ、規格外な魔法を身に着けながらも世間知らずに育ってしまった転生者・シン=ウルフォードを描いた異世界ファンタジー

――皆さまが演じるキャラクターについて教えてください。

小林:シンは異世界から転生してきたんですが、大賢者と呼ばれるマーリンに育てられてめちゃくちゃ強くなった男の子です。規格外の強さを持ってる上に、すごく破天荒な性格の持ち主ですね。

小松:アウグストは、オーグというあだ名で呼ばれていてシンの親友です。王子としてのりりしさと友人たちと一緒にいる時にくだけた感じのギャップがある子ですね。あとはみんなの中心になって引っ張っていく頼りがいもあるキャラクターです。

本泉:シシリーは優しい子で、気品もあってすてきな女の子なんですが、すごく天然なところがあります。純粋で良いお嫁さんになりそうな子だなというキャラクターです。

若井:マリアは、おとなしいシシリーとは対照的で、みんなを引っ張るお姉ちゃんで、割とこの中ではツッコミ役のキャラクターです。

――ご自身が考える、それぞれのキャラクターの魅力はどこだと思いますか?

小林:シンは、知識もあって強さもあって、本当にすべてを兼ね備えたキャラクターです。森の中で育てられたが故に、唯一、常識だけを持ち合わせていないのですが、もしシンに常識を持ち合わせたら、逆に誰も近寄りがたい存在になってしまったのかなと思いますね。少しでも欠点があるという逆にシンにとっての魅力だと思います。

小松:オーグは、やはりシンとすごく楽しくおしゃべりしたり、一緒になって騒いだりする、いたずら王子な側面が一番の魅力だと思います。しっかりするところはしっかりと真面目にやるところとギャップが感じられるキャラクターです。

本泉:私は、シシリーの第一印象を引っ込み思案で奥手の女の子という感じだったんですけど、恋の話になるとちょっとミーハーになるところがあるんです。

等身大な女の子という感じがすごくかわいらしくて魅力だと思います。

若井:マリアは、シシリーのようにモテたりはしませんが、すごく友達が多いタイプです。もうマリアのことを嫌いな子はいないんじゃないかなって感じるくらいいい子なので、そこはすごく魅力だと思います。

本泉:周りがくっつき過ぎてるだけだから。焦らなくて大丈夫だから(笑)

若井:実は、“リア充”が多いんですよこの作品。

――皆さんが原作や台本を最初に読んだときの印象はいがかがですか?

小林:原作はシンを演じさせていただくことが決まってから、じっくりと読ませていただきました。

なので、なるべく嫌われないようにとか、鼻につかないような演技をしようとか、キャラクターを演じるという目線で読んでいました。

小松:「賢者の孫」というタイトルが短いなって感じました。でも、作品をズバリと言い表した良いタイトルだと思います。

小林:確かに(笑)

小松:僕は、この作品に出演が決まる前から、原作を読んでいましたが、主人公の強さという一点が突き抜けて描かれていて、そこに魅力を感じました。作品への出演が決まってからは、自分以外のキャラクターを見るようにもなりました。

本泉:魔法とかファンタジーが好きだったので、すごくスッと入りこめた作品ですね。この4人のほのぼのとした雰囲気とか、仲間たちの絆が描かれているのが魅力的です。

若井:異世界ファンタジー作品は設定が難しかったり、癖が強いというイメージだったんですけど、この作品は入り込みやすくて老若男女で楽しめる作品です。

■ 本泉「絶対両思いなのにって、やきもきします」

――この作品は、恋愛要素も魅力の一つですよね。

本泉:(シンとシシリーの関係が)すごくやきもきしますね。絶対、両思いなのにって。

2人が純粋なキャラクターだからこそ、周りが優しくサポートしてくれるし、もうこの2人が尊いなって思います。

若井:周りが本当に優しいんですよ。普通だったら、マリアとか嫉妬してそこから関係が崩れたりとかありそうなんですけど、ちゃんとみんなが平和に2人を応援している環境が良いですよね。

小林:シンは異世界に転生する前から周りより人生経験がありますが、恋愛面では奥手なのが、「なんでシシリーをリードしないんだよ」って思いますね。

若井:いや、きっと前世は何もなく生きてたんだよ(笑)

小林:周りの仲間たちに後押しされながら、初々しい恋愛を描いているところは作品の魅力ですね。

小松:2人の気持ちを代弁してくれるのが、オーグとマリアなので絶対この2人がいないとシンとシシリーはくっつかないと思います。

若井:2人のキューピッドです。

小松:あとはシンとシシリーだけじゃなくて、他のキャラクターにも恋愛要素がたくさんあるので、そこにもぜひ注目してください。

――アフレコ現場での雰囲気はいかがですか? 何かエピソードがあれば教えてください。

若井:この作品はすごくキャラクターの数が多くて、毎回アフレコブースの中の椅子が足りないんです。なので、マイクの横に椅子が置いてあって、そこにキャストさんが座るっていうなかなかない光景です。

小林:アフレコを行う人は、目の前に人がいるので落ち着かないんですよね。みんな遠慮してなかなか座らないでいると、メリダ役の高島雅羅さんが積極的に座ってくださって(笑)、先輩を座らせるわけにはいかないので結局僕と、本泉ちゃんがそこに座るようになりました。

本泉:みんなの生アフレコが聞けていい環境です(笑)

小林:他にもいろいろあるんですけど、エピソードに事欠かない本当に楽しい現場です。

――ちなみに、皆さんは今回が初共演ですか?

本泉:そうですね。若井さんとは事務所が同じなので、もちろん面識はありましたが皆さんと共演させていただくのは初めてです。

――作品に掛けて、皆さんが「異世界」に行くとしたらどんな世界を想像しますか?

小林:せっかく行くなら、魔法が一番マストですね。でもその世界で一番強くなるのは大変そうなので、ささやかに「あっ魔法使える」って感じられる世界がいいです。

若井:私はペットや動物と言葉が通じ合える世界がいいです。肩に乗るようなマスコットキャラクターとかが憧れですね。

小松:僕はもう、爆発の魔法が使える世界です。でも本当には使わないで「いつでも使えるんだぜ」っていうのを誇示して楽しみたいです。

小林:絶対やばいやつじゃん(笑)

――最後に放送を楽しみにされている方へのメッセージをお願いします。

小林:魔法の表現や、細かい描写にすごくこだわっている作品で、見ている皆さんが面白いと思ってくれるように、スタッフキャスト一致団結して作っている作品です。

本当にストレスフリーで分かりやすく見ることができるアニメなので、期待していてください。

小松:映像がすごくきれいだし、見ている人がワクワクするような作品に仕上がっています。

本泉:魅力的なキャラクターがたくさんいるので、見る方によってお気に入りのキャラクターが発見できると思いますので、日々の癒しとしてこの作品を見ていただきたいです。

若井:初々しい恋愛描写にキュンキュンしていただければいいなと思います。(ザテレビジョン

アニメ「賢者の孫」メインキャストの小松昌平、小林裕介、本泉莉奈 、若井友希(写真右から)