Sky株式会社は、タブレット端末に対応した学習活動ソフトウェアSKYMENU Class 2019」(スカイメニュークラス 2019)を開発、6月に販売を開始する予定です。
無線LAN環境を生かした、多様な学習活動を実現するために
基礎的読解力、数学的思考力などの基盤的な学力や情報活用能力を、すべての児童生徒が習得できるよう、新学習指導要領の着実な実施が求められます。「SKYMENU Class」は、児童生徒1人ひとりの進度や能力、関心に応じた学びのプラットフォームを提供し、児童生徒同士が対話的に学ぶ学習環境を可能にする学習活動ソフトウェアです。


<新機能>
「主体的・対話的で深い学び」に
さらに充実した“思考ツール

SKYMENU Classは「主体的・対話的で深い学び」の実現をめざし、子どもたちが試行錯誤を重ねながら、考えを深めていく学習活動をサポートします。「SKYMENU Class 2019」では「思考ツール」の充実を図り、物事をシンプルに伝える力を育むための機能などを追加しました。
シンプルに伝える力”を育む
シンプルプレゼン】

タブレット端末で撮影した写真や文字を使って発表資料となるスライドが作成できます。先生方も子どもたちも迷わず使えるツールをめざし、スライドを作成するための必要最低限の機能のみを搭載しています。

【特長】スライドに記載できる情報量を制限
設定した情報活用レベルに応じて、スライドに記載できる文字数や写真枚数などを制限します。そのため、子どもたちは自分が発表する内容の中で、どの情報が最も重要なのかを考え取捨選択しながら、発表資料の作成に取り組めます。
フローチャートで“プログラミング的思考” を育む
プログラミング

ドラッグドロップ操作だけでフローチャートが作成できます。作図が簡単なので子どもたちは考えをまとめることに集中でき、何度でも順序や分岐などを考え直せるので、プログラミング的思考の育成に役立ちます。

【特長】フローチャートを実行して手順を確認し、その内容を記録
フローチャートを「実行」すると、開始記号からフローチャートに沿ってアニメーション移動します。手順をズームしながら進んでいくので、一つひとつ順を追って確認することができます。また、実行した内容はタイムラインに記録され、後から結果を振り返ることもできます。


ICT環境整備のステップや活用形態に合わせた3つのエディション
SKYMENU Class 2019」はタブレット端末の活用パターンに合わせてご利用いただけるよう3つのエディションをご用意しました。主に先生による活用を想定した「LT版」、グループでの学習活動で活用できる「ST版」、学習者1人ひとりの学習活動で活用できる「SR版」です。

SKYMENU Pro」と「SKYMENU Class」を合わせて
ご利用いただくことで、さらに便利に――
SKYMENU Class」は、学習活動ソフトウェアSKYMENU Pro」とあわせてご利用いただけます。同じ校内サーバで運用でき、ユーザ管理や個人フォルダなどを一元化できます。

<販売体制>
全国の文教関係のメーカーおよび販売代理店を通して、主に小学校中学校高等学校、大学などを対象に販売いたします。

<価格>
オープン価格  ※詳細はお問い合わせください。

<商品詳細>
SKYMENU Class 2019の機能・動作環境など、詳細は下記Webサイトをご覧ください。
SKYMENU Class Webサイト
https://www.skymenu-class.net/

<お問い合わせ>
下記Webサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
<「学校とICT」Webサイト
https://www.sky-school-ict.net/
  • SKYMENU、SKYMENU Class および SKYMENU Pro は、Sky株式会社の登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

配信元企業:Sky株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ