8日よりTVアニメスタートした「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」の新キャラクターとしてインパクト抜群のパワフルな“金髪母ちゃん”姿の大和アレクサンダーの母親役に緒方恵美が決定したほか、設定画と声優陣、先行場面写真が本日解禁された。

また、TVアニメに先駆けて公開されている劇場編集版は、3月2日より全国32館で公開中で、『Ⅰプロローグ×ユキノジョウ×タイガ』は、興収1.2億を超え動員数7万人を記録。現在公開中の『II カケル×ジョージ×ミナト』と併せて、興行収入2億を突破し動員数も13万人を超え記録を伸ばしている(※4月8日現在)。今週末13日(土)からは『III レオ×ユウ×アレク』、5月4日(土)から『IV ルヰ×シン×Unknown』と順次公開となり、記録はまだまだ伸びそうだ。

さて、本日解禁された新キャラクターは全5名。第7話のレオのエピソードでは、レオの双子の姉・西園寺ゆらり(CV:若井友希)、西園寺きらり(CV:澁谷梓希)、父・西園寺飛利歌(CV:青山 穣)、母・ノン(CV:進藤尚美)が登場する。

また、第9話のアレクサンダーエピソードに登場する母・ヴィクトリアは緒方恵美が演じることが明かされた。この母にして、アレクありといった納得のパワフルでカッコいい女性キャラだ。

さらに劇場版の第3章から先行場面写真も6枚解禁された。

かわいらしいレオの姿や海水浴を楽しんでいる様子のシン・ユキノジョウ・レオの姿やトレーニングで汗を流すアレクサンダーはますます強くなっている印象だ。

TVアニメ劇場版、両方共しっかり鑑賞しよう。

左より西園寺飛利歌、西園寺ノン、、西園寺ゆらり、西園寺きらり