スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

iPhoneを落として故障させてしまったり、紛失してしまったりと、突然のトラブルで一番心配なのは、写真や連絡先などのデータが無事かどうか。また、機種変更をする際にも、データの引き継ぎが無事にできるかは気になるところです。そこで、iPhoneバックアップについてご紹介。今回は、パソコンが必要ない、iCloudを使ったバックアップ方法を解説します。

バックアップをしていないと、iPhoneトラブル時にデータが全てなくなってしまう可能性も。

iCloudを使って、iPhoneのバックアップをしよう

iPhoneバックアップを行うには、2つの方法があります。1つは、パソコンを使って「iTunes」でバックアップをする方法。もう1つは、「iCloud」を使う方法です。

iTunes」の場合はパソコンが必要になりますが、「iCloud」の場合はパソコンを使う必要がなく、手軽に行なえるのがメリットです。

iCloudバックアップをするには、「設定」を開いて、一番上のユーザー名部分をタップし、「iCloud」を開きます。

「設定」を開き、ユーザー名をタップして、「iCloud」をタップします。

iCloudページでは、バックアップを取りたい項目をオンにしておきましょう。筆者の場合は、普段使っている「写真」「メール」「連絡先」「カレンダー」「メモ」などをオンにしています。データを保存しておく必要がないものはオフにしておくと、容量が抑えられます。
バックアップを行なうには、このページを下へスクロールして、「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudを開いたら、下へスクロールして、「iCloudバックアップ」をタップ

「今すぐバックアップを作成」をタップすると、終了までの時間が表示されて、バックアップが始まります。すべて終わるには時間がかかるので、しばらくはiPhoneを使わないタイミングに、電源に繋げてWi-Fi環境で行なうのがおすすめです。

「今すぐバックアップを作成」をタップすると、バックアップが開始されます。

このように手動で行なうこともできますが、「iCloudバックアップ」をオンにしておくと、iPhoneが電源に接続されロックされている状態で、Wi-Fiが繋がった時に、自動的にバックアップが行なわれます。いちいち手動で行なう必要がないので、ここをオンにしておくのがおすすめです。

そして、新しいiPhoneに買い換えたら、最初の設定の段階で「iCloudバックアップから復元」を選ぶと、バックアップをしていたデータが復元されます。

新しい機種の電源を入れて、「こんにちは」から始まる設定で、復元を行ないます。

バックアップの前に、iCloudを使う際の注意点をチェック

iCloudメリットは、パソコンがなくても手軽にバックアップができることですが、デメリットとしては、無料で使える容量(ストレージ)が限られていることです。

5GBまでであれば無料で使えますが、バックアップしたいデータが5GBを超えてしまうと、有料のiCloudストレージプランを勧められます。もし、5GBの無料プランで使うのであれば、いらない写真を整理したり、不必要な項目を外すなどの必要があります。

もし、プランを変更する場合は、「ストレージプランを変更」をタップします。ここで、月額料金を確認しながら、プランを変更しましょう。

棒グラフを見てみると、バックアップの容量が何にどのぐらい使用されているのかがわかります

筆者は大量の写真がiPhoneの中に入っているので、5GBでは容量が足りず、200GBの有料プランを使っています。有料を選んだ場合は、そのプランに応じて月額の料金がかかります。

LINEはアプリ内でトークのバックアップができる!

iCloudiPhoneの中身をバックアップしておく以外にも、ぜひ取っておきたいバックアップLINEトークです。

最近は、LINEアプリ内でトークバックアップを取ることができるようになりました。LINEの「設定」を開いて、「トーク」をタップ。その中の「トークバックアップ」を選択します。「今すぐバックアップ」をタップすると、トーク内容が保存され、機種変更時などに引き継ぎをすることができます。

機種変更などでLINEトークを引き継ぎしたい場合は、トークバックアップを取りましょう。

☆☆☆

機種変更をする場合以外にも、故障や紛失してしまうなどのトラブルに備えて、必ずこまめにバックアップはしておきましょう。最近では、iPhoneバックアップiCloudで行なう人が多いですが、その場合にはストレージプランを自分がどのぐらい使っているかで選ぶ必要があります。ストレージプランを5GBで抑えたいのであれば、写真を無料でバックアップできる「Googleフォト」などを別で活用するのもおすすめです。

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

関連画像