2019年3月9日2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した林鼓子さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――林さんはデビュー1年目にして「キラッとプリ☆チャン」の主演に抜擢されました。1年目の新人声優として、どんな思いで日々を過ごされていましたか?

林 本当に毎日が刺激いっぱいで、アフレコもほぼ初挑戦という感じだったので、勉強になることが多かったです。マイク前の立ち方とか、収録の段取りみたいなものも最初はあまりわからなくて、先輩方にいっぱい助けられましたね。「キラッとプリ☆チャン」のアフレコが始まったころの私はまだ中学生だったので20時までに収録を終わらせなくちゃいけなかったんですけど、第1話のときにすごく押しちゃってAパートまでしか録り終えられなかったんですね。ディレクションされたことが、あまりにも直らなくて……。それで、ひとりで落ち込んでスタジオのロビーで泣いていたら、みらいお母さん役の浅野真澄さんが来てくださって「せっかくこんなに長く続いているシリーズ主人公をいただいたなら、そのチャンスをもっと生かさないとね」というふうにお話ししてくださったんです。自分は新人という立場に甘えていたんだなって、そのときに気づかされて。

――マイクの前に立つからには年齢とか関係なくプロであるという意識を持ちなさいと、浅野さんは言いたかったのでしょうか?

林 そういう直接的な言い方ではなかったんですけど「そんなに若くて主役が取れるなんてすごいよ!」と、まず褒めてくださって「この機会をもっと次のお仕事につなげていけたらいいね」と声をかけてくださったんですね。私はひとつの役で精いっぱいになっていたけど、それじゃダメなんだなって。ここからが始まりで、もっと前に進まなきゃいけないんだなって、そのときに気づかされました。

――作品を通してイベントでお客さんの前に立つ機会も多いと思いますが、そのときに声優になった実感はありましたか?

林 特に「キラッとプリ☆チャン」のイベントでは小さい子の前に立つことがすごく多いんですけど、いざ子供たちの前に出たら、みんながキラキラした目で見てくれて、いっしょに歌を歌ってくれたりするんですよ。そういうときに、私もあこがれられる存在になったんだなということを実感しましたね。

――現在16歳の林さんは、それこそ子供のころに「プリティー」シリーズを見ていたのでは?

林 見ていました! 確か当時は、地元の静岡にプリズムストーンショップがなかったので、父に連れられて東京まで行ってTシャツを買ったり、筐体で遊んでプリズムストーンを集めたりとかしていました。そういう作品に自分が出られて、しかも映画(「劇場版プリパラキラッとプリ☆チャンきらきらメモリアルライブ~」)の舞台あいさつでは「プリティー」シリーズの先輩方といっしょに登壇させてもらったので夢のようでしたね。「プリティー」シリーズって女の子の夢を応援している作品ですけど、応援される側だった自分が実際に物語の主人公のような立場に立てているって、なんて幸せ者なんだと思いました。

――いつかまた「『キラッとプリ☆チャン』を見て声優になりました」という人が現われるかもしれないですしね。

林 そうなったらうれしいですね。今はみらいと1年間いっしょにやってきて、だんだん自分も成長できたのかなと思っているので、2年目はもっとみらいを輝かせることができたらいいなと思いますし、もっと「キラッとプリ☆チャン」がたくさんの人に愛される作品になったらいいなと思います。

――ちなみに、あこがれている先輩はいますか?

林 ずっと水樹奈々さんが好きなんです。私が最初に、父に連れて行ってもらった声優さんのライブ水樹奈々さんのライブで、ひとりであんなに会場を盛り上げられるということにもびっくりしたし、歌も歌いつつ声優さんをやっているということにあこがれて。なので「奈々様みたいなすごい歌手になりたい」というのは最終目標としてありますし、現場で実際に見てすごいなと思ったのは諸星すみれさんですね。声優になる前から「アイカツ!」や「シュガー・ラッシュ」を見て密かに推していたんですけど(笑)、「約束のネバーランド」でごいっしょさせていただいて、諸星さんの演技に圧倒されました。私もあんなふうに演技ができるようになりたいって、近くで見て思いましたね。

――そのためにも、もっとがんばらないといけないですね。

林 ちゃんと演技をして、いろんな役に変身できるようになりたいなって思います。あと、ひとつ自慢していいですか? 2018年の年末に「キラッとプリ☆チャン」の忘年会がありまして、帰り際に事務所の先輩でもある阿澄佳奈さんから声をかけていただいて「あなたのお芝居、好きだよ」と言ってもらえたんですよ!!  本当にうれしくて、でもこれで舞い上がっちゃダメだと思いつつ、阿澄さんが好きと言ってくださった自分の芝居をもっともっと磨いて、芝居が好きだという気持ちを忘れずにこれからもがんばっていきたいなと思います。

●はやし・ここ/5月15日生まれ。静岡県出身。81プロデュース所属。主な出演作に「Wake Up,Girls! 新章」(速志歩)、「キラッとプリ☆チャン」(桃山みらい)、「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」(鷹梁渚)など(WebNewtype・撮影=田上富實子 取材・文=仲上佳克)

第13回「声優アワード」で新人女優賞を受賞した林鼓子さん