iStock-491115338_e

 アメリカトランプ政権は、メキシコを経由してアメリカに入ってくる不法移民入国問題に対し徹底抗戦の構えを見せている。

 中米グアテマラから移民集団「キャラバン」がメキシコ経由で米国に向かっていることを指摘し、もしメキシコがそれを止めないなら国境を閉鎖することになると警告した。

 アメリカ合衆国国土安全保障長官、キルステン・ニールセンは、不法移民の入国には人身売買業者が関与していると発言した。

 誘拐した子供を用意し、その家族であると嘘をつき、不法移民を子供と一緒にメキシコからアメリカへと入国させるという驚くべき手口を使っているという。これは入国管理法の弱点を突いたものだ。

―あわせて読みたい―

ドローンから見る、アメリカとメキシコの国境線
トランプ大統領が徹底した排除を宣言。アメリカで最も恐れられるギャング「MS-13」の資金源は?
日本人の知らない今アメリカで起きていること。トランプ政権を恐れ、大勢の難民が国境を越えてカナダへ殺到している
未成年の不法入国者が急増、危険を犯し国境越えをする人々(ラテンアメリカ)
アメリカは移民の国。1940年に描かれた、移民国家アメリカの地図

アメリカ入国管理法の抜け穴

 この手口は現在のアメリカにおける入国管理法の抜け穴をうまく利用したものだ。

 アメリカに入国しようと目論む者は、人身売買業者が誘拐した子供を紹介され、一緒に入国し、家族であると嘘をつく。

 じつは現在の入管法は、家族連れに対して寛容な措置を定めており、しばらくすると釈放され、晴れてアメリカに入国できてしまうのである。

 これについて、ニールセン長官は次のように話している。

人身売買業者は、これまでなかったほど活発に子供を利用して入国する方法を宣伝している。私たちは、ここ数ヶ月でいわるゆる「児童リサイクルの円環」を壊してきた。つまり、子供を誘拐し、それを国境越えを狙う大人に家族と偽らせるために引き渡す手口のことだ。

アメリカでは現在、家族連れだと20日間しか拘留できない。まんまと入国を果たしてしまえば、業者に子供を返却し、その子はまた別の偽りの家族に引き渡される。


iStock-583734616_e
photo by istock

子供が危険にさらされる現状を改善する必要性


 入管法の欠陥のせいで、こうした手口が可能になっているとニールセン長官は話し、改善を訴える。
これは党派とは関係がないことだ。我々は団結して、この危機に取りくみ、子供が危険にさらされる移民の流れを断ち切らねばならない。親が子供をこんな危険な旅に送り出し、繰り返し搾取されることを可能にしてしまうシステムは、完全に壊れている。

 2019年2月、国土安全保障省の当局は7万5000人の移民を逮捕あるいは遭遇したという。これは過去10年で最大の数で、続く3月には10万人に届くのではと予測されていた。

border-62866_640_e

photo by pixabay

 ニールセン長官は、国土安全保障省が拘留している子供に対しても言及する。

 その人数は4700人ほどで、大半は家族と一緒に拘留されている。しかし1200人は同伴者のいない外国人で、その多くは、国境を越えるための長旅のせいで病気にかかっているという。

 だが、特に懸念されることは、国土安全保障省でも、保健福祉省でも、こうした子供たちを宿泊させる施設が不足しているのである。

 施設、人員、支援が欠如しているにもかかわらず、移民の流入が増え続けている現状について、ニールセン長官は、「入国管理システムが崩壊する様をリアルタイムで目撃している」と評し、こうした状況を改善するために法の改正を議会に訴えている。


Kirstjen Nielsen talks Trump's plans for border crisis
written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52272992.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

かつてアメリカは、ロシア(旧ソ連)の「サイキック兵器」を恐れていた。機密解除されたCIA文書で明かされたこと
人間の歯や髪を使用して作られた聖職者「アレクサンダー・ペデン」の革マスクとその人生
1980年代、ギーク(オタク)と呼ばれていた海外の人々の写真
白鳥は食べちゃダメ。町の中で死んじゃダメ。実際にあった世界10の奇妙な法律
太ったら減量ブートキャンプに強制送還。タイ警察の肥満対策

―知るの紹介記事―

手術を迎える子供たちの気持ちを和らげるため。電動ミニカーを運転して手術室に行けるサービスを開始(アメリカ)
若者がスマホ画面を見ている時間とメンタルヘルスの関係性を大規模調査。関係性はほとんどなし(英研究)
かつてアメリカは、ロシア(旧ソ連)の「サイキック兵器」を恐れていた。機密解除されたCIA文書で明かされたこと
自分の特性を文字通り武器に!義手をラメ噴射銃に改造した13歳の少女(アメリカ)
居住者のお気に入りの本を壁面描き巨大図書館のように仕上げた建物(オランダ)
人身売買業者が関与。誘拐された子供を利用しアメリカへ不法移民を入国させる手口が明かされる