4月7日に投開票された大阪府知事と大阪市長ダブル選挙は、地域政党「大阪維新の会」の吉村洋文氏と松井一郎氏がそれぞれ圧勝した。府議選と市議選も維新が圧勝し、「大阪都構想」へ一歩踏み出した形だが、吉村氏と松井氏はこれまでさまざまな発言で物議を醸してきた。2人の発言を振り返ってみる。

松井一郎 大阪市市長
ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」
ツイッター 2016年10月19日

 松井氏の発言の中でも物議をかもしたのがこれ。沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事現場に派遣された大阪府警機動隊員が、反対する市民に対して「土人」などと差別発言したことに関して、ツイッターで上記のように投稿。差別語による罵倒を肯定する発言として非難を集めた。

 翌日の記者会見では「土人」との発言は不適切だったとした上で、「売り言葉に買い言葉で言ってしまうんでしょう」と機動隊員を擁護した(沖縄タイムスプラス 2016年10月20日)。


『誰が「橋下徹」をつくったか 大阪都構想メディアの迷走』などの著書があるジャーナリストの松本創氏は、「在阪メディアタレント政治家など毒舌キャラを礼賛した結果、松井氏も府民にとって親しみやすいキャラとなった。公で相手を口汚く攻撃し排除してもいいという風潮を維新が浸透させた」と指摘。「松井氏が知事でいる限り、弱者に対する暴言の風潮は拡大するだろう」とコメントした(東京新聞 2016年10月22日)。

災害関連の失言の数々

松井一郎 大阪市市長
「世間は騒がしいようですが、ここは、本当に静かです。旨い酒と肴で充電中」
ツイッター 2012年8月14日

 松井氏は災害に関する発言でも世間を騒がせた。2012年8月、大阪府を記録的な豪雨が襲い、1名が死亡、大阪府京都府などで多数の床上浸水、床下浸水の被害が出た(平成24年8月豪雨)。

 そんな中、松井氏は午前10時福岡県の妻の実家でのんびりツイート。以降、半日以上なしのつぶてだったが、翌日「災害中に不謹慎な呟きなのでは、と娘から叱られました」と謝罪のツイートを行った。

松井一郎 大阪市市長
共産党の募金活動は、先ず自分達の経費を差し引くので注意しましょう」
ツイッター 2018年7月10日

 こちらも災害時の発言。2018年7月、西日本を中心に発生した集中豪雨は死者224人をはじめとする甚大な被害をもたらしたが、そんな最中、松井氏は他党を攻撃するツイートを行っていた。


 誤りを指摘されると「ルール変更を存じ上げずに、申し訳ありません」と返信したが、そもそも共産党には募金から経費を差し引くというルールはなかったので「ルール変更」という表現は間違っている。また、募金から経費を引くこと自体も明示さえしてあれば非難されるいわれはない。

松井一郎 大阪市市長
「(連絡橋への)タンカーの衝突さえなければ、今の時点で復旧がかなっている。関空が今の状況に至っているのは人災と思う」
朝日新聞デジタル 2018年9月9日

 2018年9月、今度は台風21号が大阪府を襲ったが、その真っ最中の7日、松井氏は沖縄県知事選の自民・公明が推す候補、佐喜真淳氏を応援するために沖縄入り。9日には中部国際空港で会見を開き、関西空港へのアクセスルートを破壊したタンカーに怒りをぶちまけたが、松井氏はその足で欧州視察へと飛び立った。

攻撃しては、ツイートを削除

松井一郎 大阪市市長
「可哀想に、この人痴呆症の症状が見受けられます」
ツイッター 2016年10月5日

 敵とみなしたらツイッターでどんどん攻撃を加えるのが松井氏のやり方だ。「大阪維新の会」初代代表で今も強い影響力を持つ橋下徹氏のやり方を踏襲している。2016年日本維新の会を批判した民進党の江田憲司代表代行に対し、「痴呆症の症状」などと書き込んだが、後に「表現として不適切だった」と謝罪して撤回、ツイートを削除した。

 ツイッターといえば、今回の大阪市長選の最中、松井氏はまとめサイトアノニマスポスト」による「吉村候補にデマを指摘され、ふてくされる小西候補」というデマツイートリツイートして拡散していたことで話題になった。指摘を受けた松井氏はその後、ツイートを削除している。

吉村洋文 大阪府知事
「残念だが、姉妹都市の信頼関係は完全に破壊された」
ツイッター 2018年10月2日

 吉村氏といえば、大阪市長時代、慰安婦像をめぐってサンフランシスコ市と大阪市との姉妹都市関係を解消したことにまつわる発言が印象深い。上記の発言は、サンフランシスコ市に姉妹都市を解消する旨を伝える書簡を送った際のもの。

 吉村氏は姉妹都市解消決定の理由を「不確かで一方的な主張を歴史的事実として記した」碑文にあるとし、「『慰安婦』の数、旧日本軍の関与の度合い、戦時中の被害規模などの歴史的事実については、歴史家の間にも見解の相違がある」と記した。

サンフランシスコ市の市長が声明

 従軍慰安婦問題については、2014年、松井氏が「朝日が誤報と認めたことで強制連行の証拠がないと分かった。間違った教科書で知識を得るのはマイナスだ」と発言している(産経WEST 2015年3月13日)。その後、歴史学団体20団体が連名で「記事の取り消しによって河野談話の根拠が崩れたことにはならない」「当該政治家メディアに対し、過去の加害の事実、およびその被害者と真摯に向き合うことを、あらためて求める」などの声明を発表した(日本史研究会ホームページ 2015年5月25日)。

 コラムニスト小田嶋隆氏は、一連の吉村市長の行動について「一方で万博と統合型リゾート施設の誘致によるインバウンド需要の喚起を訴えていながら、もう一方では、国際対立を煽り、民族間の反感に火をつけ、人々の間にある排外感情の高まりに棹さすことで自分たちの政治的な立場を強固ならしめようと画策しているように見える」と批判(日経ビジネスオンライン 2018年10月5日)。サンフランシスコ市のブリード市長(同市初の黒人女性市長)は「我々2都市の市民間に存在している関係を、1人の市長が一方的に終わらせることはできない」と声明を出した(BBCニュース 2018年10月5日)。

吉村洋文 大阪府知事
「なんだこの判決。控訴する」
ツイッター 1月17日

 大阪市営地下鉄(現・大阪メトロ)の50代の運転士2人が、ひげを剃らなかったことが原因で人事評価を下げられたのは不当な人事考課にあたるなどとして大阪市を相手に損害賠償を求めていた裁判で、大阪地裁はひげを生やす権利について「個人的自由に属する」と認定。ひげを主要な原因に人事評価を減点したのは違法だとして、市に慰謝料などの支払いを求めた。上の発言は、裁判結果に対して腹を立てた吉村氏のツイート

 なお、この人事考課の元になったのは橋下徹氏が大阪市長時代に定めた「身だしなみ基準」だが、この基準は2018年に廃止されている。

吉村洋文 大阪府知事
「万年最下位でいいと思うなよ」
朝日放送テレビ 2018年8月5日

 全国学力テストの結果で、大阪市政令市の中で2年連続最下位だったことに激怒した吉村氏の発言。吉村氏は抜本的対策として、全国学力テストの結果を校長・教員の給与などに反映させる意向を表明したが、各界から反発が巻き起こった。

 結局、大阪市は全国学力テストの結果を使うことは見送ったが、市や府が毎年実施する独自テストの結果を校長の人事評価に反映させる制度を2020年から導入することとなった(共同通信 1月29日)。

松井一郎氏には“裏口入学”疑惑が

松井一郎 大阪市市長
「分からんわ、こんなん」
週刊文春2012年5月24日

 最後にもう一つ。松井氏は過去、高校に「裏口入学」していたと『週刊文春』が報じている。記事によると、最初に入った大阪の高校を喫煙などの不良行為で退学になりそうだったところ、大阪府議会議長も務めた父・良夫氏が(なぜか高校に対して)激怒。故・笹川良一氏に頼み、福岡の高校の試験問題を入手したのだという。ところが、松井氏は問題を見ても「分からんわ、こんなん」とさじを投げたため、解答を丸暗記して試験に臨み、無事に合格したとのこと。

 松井氏は直撃した『週刊文春』の記者に「君ら、ルール守ってくれんと」と一言だけ発して、以降は回答がなかったという。

(大山 くまお

大阪府知事・市長ダブル選で勝利し、記者会見する「大阪維新の会」の松井一郎氏(左)と吉村洋文氏=7日、大阪市中央区 ©時事通信社