天海祐希主演のドラマ「緊急取調室」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:09)が、4月11日(木)よりスタートする。

【写真を見る】天海祐希×浅野温子による“震える”演技合戦に注目!

井上由美子が脚本を手掛ける本作は、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子(天海)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」が、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマシリーズの第3弾。新メンバーとして塚地武雅が、画像解析のエキスパート・玉垣松夫役で加入する。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、第1話の完成DVDを事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介する。

■ 第1話あらすじ

全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう極端な指導が行われていた。

ところが幹部たちが視察する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・有希子は反省の色が全く見られない被疑者を激しい剣幕で一喝。

警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。

その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走。主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもり、なぜか交渉役に玲子を指名する。

一人で家内に突入した玲子は野本に対して発砲。死なせてしまうという、警視庁を揺るがす事態へと発展する――。

■ 第3シーズンの幕開けにふさわしいゲスト

風邪を引いた時、首にネギを巻くというあれ、つい先日ギックリ腰になったので何がいいかなと思っていろいろ調べた結果、そんなおばあちゃんの知恵袋や俗説的なものではなく、“鍼”を選んだ。和らいだようなそうでもないような感じでしばらく激痛と闘っていると、気付けば治っていた。

何が言いたいかというと、本作の取調室に“カツ丼”は出てこないということだ…。そんなことは、第1シーズンから見守ってきた方には当たり前のことだろうし、もはやその組み合わせが古いと言われる時代かも知れないが、平成生まれの筆者ですらいまだに取調室にはカツ丼だと思っている。

だが、脚本を手掛けた井上氏が第1シーズンの制作発表記者会見でも語っているように、実際の取調室でカツ丼を出すのは禁止だし、お茶も駄目、コーヒーも駄目で、白湯しか出せないのだとか。つまり、丸腰で犯人と向き合いましょうということだ。

そこを真正面から描いた本作が2年ぶりに復活。まず、冒頭から驚いた。「昨日はよく眠れましたか?」と優しくささやく天海のアップに、思わず「あ、はい、いや…」としどろもどろになりながらテレビに向かって答えている自分がいたからだ。これが取調官・有希子であり、演じる天海のなせる技なのかと。

真面目に言うと、この“ほんの数秒”のカットだけで、一気にキントリの世界に引きずり込まれるのだ。

そして、第1話のゲストは天海とは初共演となる浅野温子というからこれまた驚かされる。浅野は今回、警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子というお堅い役どころで、登場するや天海演じる有希子とバッチバチに。

玲子は権限を持つ警察組織の上司として、また、人質救出目的だったと主張する“監禁立てこもり犯射殺事件”の被疑者として有希子らと対峙していく。

一切隙を見せない玲子に、「面白くなってきたじゃな~い」とおなじみのせりふを吐く有希子の姿を見て、「そうそうそれそれ」と負けているチームを応援しているような、スポーツ観戦している気分になる。

究極の心理戦、緊迫の取り調べ劇、圧巻の…といくら言葉を紡いでも、二人の演技合戦を形容する言葉は見つからないので次へ。

■ 善さんは永遠に不滅!

「ここをこうこうこう」というギャグでおなじみ(?)、今作からキントリメンバーに加入した玉ちゃんこと玉垣松夫役の塚地武雅がまたいい味を出していた。

警視庁・捜査支援分析センターから異動してきた玉垣は、画像から人の心理状態なども瞬時に読み取ることができる“画像解析のエキスパート”で、「映像から分かることは肉眼をはるかに上回る」と信じている。

取り調べを始める時、キントリメンバーがおのおののファイティングポーズを決める場面では、さすが芸人さん…と言うべきか、玉ちゃんのそのポーズだけで2~3回は巻き戻した(笑)

そして玉ちゃんが、大杉漣さんが前シーズンまで演じていた刑事・中田善次郎とは警視庁・将棋部で親しくしていたという設定もにくいし、“退職”した善さんの代わりに、というわけではないが、途中参加の塚地が感じたプレッシャーも計り知れない。

そんな中、天海のアドリブだという“羽交い絞め”の洗礼を受けた塚地は、第1話を見終える頃にはすっかり“おなじみ”の顔になっていた。

これら全てが、天海が築き上げてきた有希子というキャラクターの魅力と、それを支えてきた田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん小日向文世らキントリメンバーが培ってきた絆があってこそ成立しているのだと改めて感じさせられた。

「変わる時代に、変わらない戦いがある」というドラマキャッチコピーの通り、“人と人との向き合い”に重点を置いた泥臭い捜査と取り調べを貫く本作に“代わる”刑事ドラマは、きっとこの先もないだろう。

最後に、女性刑事、豪奢な家でクラシック音楽聞きがち。(ザテレビジョン

「緊急取調室」天海祐希演じる取調官・真壁有希子が華麗に復活!