「ショッピングに国境はない」をスローガンに、中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社(代表取締役CEO:翁 永飆 所在地:東京都港区 以下「インアゴーラ」)は、2月より春のビッグキャンペーン「今春不再将就(ジンチュンブーザイジャンジュー)」(和訳:この春は、ぜったい妥協しない)を「豌豆公主(ワンドウ)」アプリ内にて展開し、中国のお客様にご好評いただいています。
 最終章となる第三弾は、4月11日(木)より4月13日(土)まで「樱有尽有(インヨウジンヨウ)」※1(意訳:桜関連は何でもある)と題したキャンペーンを開催します。

 毎年、日本がお花見シーズンを迎える2月から4月は、中国国内における日本に関する書き込みやサーチが増加します。「豌豆公主(ワンドウ)」アプリは、日本や日本商品に興味関心が高いお客様の流入が増えるこのタイミングを活用し、厳選した日本の商品を中国のお客様に紹介する春のビッグキャンペーン「今春不再将就(ジンチュンブーザイジャンジュー)」を2月12日(火)より開催してきました。本キャンペーンの最終章となる第三弾は、桜をテーマとした「樱有尽有(インヨウジンヨウ)」を開催します。

<「樱有尽有(インヨウジンヨウ)」「豌豆公主(ワンドウ)」アプリキャンペーン概要>
■期間  :2019年4月11日(木)~2019年4月13日(土)
■主な内容:
 期間中「豌豆公主(ワンドウ)」アプリでは、「桜」に関連した43ブランド80商品を集めた期間限定の特別ショップを設け、「豌豆公主(ワンドウ)」流の桜祭りを演出します。
 さらに399元以上お買い上げのお客様を対象に、購入金額に応じてその場で最大240元が割引されるクーポンをご提供します。また、毎日不定期で「豌豆公主(ワンドウ)」アプリにてご使用いただけるお買い物券を発行します。お客様は最大500元のお買い物券が当たるチャンスがあります。
 なお日本在住の人気KOL※2、软软冰(ルアンルアンビン)氏を起用して、お線香やお香など香り関連の商品を製造・販売する老舗企業「日本香堂」の池袋工場および銀座店舗への潜入レポート動画を制作し、4月11日(木)より微博で配信します。動画では、日本香堂が手がける桜のお香について製造工程も含めて紹介するほか、お花見を楽しむ際のマナーなども説明し、この時期に日本を訪れる中国人のお客様に対する啓蒙活動も実施します。

※1:「樱有尽有」は、中国語の元の四字熟語「应有尽有(和訳:あるべきものは全てある)」の「応」の一文字を同じ発音の「桜」に変えた造語です。
※2: Key Opinion Leader(キーオピニオンリーダー)の略称で、中国のSNS上で影響力の高いアカウント、いわゆるインフルエンサーを指します。

■Inagora株式会社 概要
本社所在地  :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ16F
会社設立   :2014年12月15日
代表取締役CEO:翁 永飆
URL     :http://inagora.com

インアゴーラ株式会社は、キングソフト株式会社会長 翁永飆(当時)と、美容家でありMNC New York株式会社 代表 山本未奈子により、2014年12月に設立されました。「ショッピングに国境はない。」という考えのもと、中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を構築・ 運営し、ブランドストーリーユーザーの口コミ、商品の使い方やライフスタイル提案等の「情報の越境」に注力し、中国消費者に良質な日本製商品を提供し続けております。

■「豌豆公主(ワンドウ)」概要
中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリとして2015年8月のリリース以来、流通総額を急速に伸ばしています。取り扱い商品数は、中国で既に人気のアイテムから中国ユーザーの認知度が低い商品まで約40,000商品(2017年11月時点)で、多岐にわたるカテゴリーの商品を取り揃えております。中国消費者に日本商品や企業ブランドの魅力を伝え、日本のライフスタイルを提案する多角的なコンテンツ(PGC*1)やアプリ内のSNS機能(UGC*2 =プリンセストーク)を通じて拡散できる点が特徴です。
※1:編集部によるトピックス=企業HPやブランド紹介ページ、編集部制作の記事・動画コンテンツ
※2:ユーザーによるコメントユーザー口コミ情報、サンプリング結果等

■中国消費者向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」概要
日本の企業と中国消費者を結ぶため、日本企業が海外進出を検討する際に必ず課題となる「情報の越境」「物流の越境」「決済の越境」のすべてを解決する、ワンストップソリューション型のB to B to C越境ECプラットフォームです。日本企業と中国消費者間の文化的ギャップを吸収するため、中国ユーザー向けに商品の翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応、他(多)チャンネル展開などの全工程をインアゴーラが担います。日本の企業はインアゴーラの日本国内倉庫に商品を配送するだけで、国内ECショップを1店舗追加するよりも簡単に、巨大な中国市場に進出することができます。

配信元企業:Inagora株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ