インフォアジャパン、クラウドBIプラットフォーム「Birst」を提供開始


 あらゆる業界に特化したクラウド型業務ソフトウェアを展開する米Inforの日本法人インフォアジャパン株式会社東京都千代田区、代表取締役:ヘレンマスターズ、以下インフォア)は、本日より、クラウドBIプラットフォーム「Birst」を日本市場で提供開始することを発表します。

 Birstは、組織内の様々な部門で管理される分析データモデルを連携させ、データの重複管理を必要とせずに企業全体にまたがる分析を可能にする「ネットワークBI」というコンセプトをもとに設計された、クラウドベースのBIプラットフォームです。インフォアは、業界特化のクラウドERPにBirstを加えることで、クラウド上の統合されたデータから得られるインサイトや相関関係、予測分析を、使い易いユーザーインターフェイスで提供し、ビジネス全体の可視化やスマートな意思決定を支援します。

 Birstは、マルチナントクラウドアーキテクチャ上に構築され、パブリック/プライベートクラウド、オンプレミスなどあらゆるデータソース環境に対応します。ETL(データの抽出、変換、ロードプロセスおよび分析データスキーマ設計から、セマンティックレイヤーの管理、ビジュアライゼーション/レポート設計、ダッシュボードまでをシームレスに統合し、ビジネスの意思決定に必要な分析機能をワンストップで提供します。各部門の業務担当者にも使い易いセルフサービス分析に加え、大企業セキュリティガバナンスの要件を満たす中央管理されたエンタープライズ分析にも対応する、様々な規模・業種の企業ニーズに応えるBIプラットフォームです。

● Birstの主な特徴
ネットワークBI:データの重複管理の低減とKPIの一貫性保持のために、分析準備ができているデータを組織間で共有する「ネットワークデータ管理アプローチ」に基づき設計されています。これにより、分散管理される部門単位でのセルフサービス分析だけではなく、組織をまたがる分析にも対応します。
オートデータリファインメント:複数のデータソースからメタデータを解析し、分析データスキーマを自動生成するオートデータリファインメントにより、業務ですぐ活用できるデータモデルに変換してデータストアに保管し、容易なデータアクセスデータ抽出を実現します。
・ スマートアナリティクス:ビジネスユーザーが特定のKPIと無数のビジネス変数との間の有意義な関係を見つけ、KPIの結果を説明するのに役立つ、ビジュアライゼーションとダッシュボードを自動生成します。スマートアナリティクスは、オンラインやオフラインデバイスの種類を問わず、どこからでもアクセスできます。
・ セマンティックレイヤーデータソースビジネスルールや定義を共通化して、ユーザーが再利用可能なセマンティックレイヤーを生成・管理することにより、データの正確性を担保し、セキュリティレベルを管理できます。
マルチナントクラウドアーキテクチャ:堅牢で拡張性の高いマルチナントクラウドアーキテクチャ上に構築されているため、すぐに使い始めることができ、アクセスユーザー数やデータ量の増加に応じたシステムソースの自動拡張が可能です。

● Birstの提供方法
 製品単体、あるいはインフォアの業界特化のクラウドERP「Infor CloudSuite」のオプション機能(Birst for CloudSuite)として提供します。

● Birst for CloudSuiteのイメージ画像




■インフォア、インフォアジャパンについて
 インフォアは、クラウドを用いた業界特化型のビジネスアプリケーションにおけるグローバルリーダーです。17,300人を超える社員が、170か所以上の地域で68,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは https://www.infor.com/ja-jp/ をご覧ください。

インフォアのお客様には下記が含まれます。
● 航空宇宙企業20社のうち19社
● ハイテク企業上位10社のうち9社
● 米国最大のヘルスケア提供ネットワーク25のうち18
● 米国の大都市20のうち18
自動車サプライヤ上位20社のうち19社
● 産業用製品販売上位20社のうち17社
● グローバル小売企業上位20社のうち15社
● 醸造企業上位5社のうち4社
● グローバル銀行20行のうち17行
● 最大規模のグローバルホテルブランド10社のうち9社
● グローバルな高級ブランド上位10社のうち8社

■報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパンPRデスク株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426 E-mailinforjapan-pr@actioinc.jp

配信元企業:インフォアジャパン株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ