JR東日本水戸支社は4月11日、Jヴィレッジ駅の開業に伴うイベントの開催及び臨時列車の運転を発表しました。

Jヴィレッジは1997年7月、日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設された施設。福島第一原発事故を受け、長らく原発事故の対応拠点として使用されていましたが、2018年7月より部分的に再始動、今年の4月20日より全面再開となります。

Jヴィレッジ駅はこのJヴィレッジの全面再開と足並みを揃えて4月20日に開業します。JR東日本水戸支社は、臨時列車の運行や記念入場券の発売、新駅開業記念駅弁の発売、ヘッドマークを掲出しての運行など様々なイベントを企画している模様です。

記念入場券

※台紙デザインイメージ。右はJヴィレッジのためにサッカー漫画「キャプテン翼」の原作者高橋陽一先生が描き下ろした作品。今回の記念入場券台紙にも掲載予定です。

(1)記念入場券の内容
「Jヴィレッジ駅開業記念入場券」(D 型硬券)
※11枚1セット(台紙付)
いわき駅~富岡駅間 10 駅(大人用)
Jヴィレッジ駅 1 駅(子供用)

(2)発売箇所及び発売期間
①Jヴィレッジ駅
4月20日(土)10時00分~16時00分まで
いわき駅
4月20日(土) 10時00分~19時30分まで
4月21日(日)~ 5月6日(月) 6時30分~19時30分まで

(3)発売数及び発売価格
1,000セット(1セット1,470円)
※数量限定のため、売り切れ次第終了となります。
※お一人様5セットまで購入可能です。(1回につき)
※郵送受付はありません。

新駅開業記念駅弁

(1)発売日時
4月20日(土) 10時00分~17時00分まで
(2)発売場所
Jヴィレッジ「ふくしま 食とお酒のマリアージュ」会場内
(3)発売品
・Jヴィレッジ駅開業記念「限定駅弁」
・Jヴィレッジ駅オリジナルグッズ
・「ふくしまみらいチャレンジPJ※」地域特産品 等
グループ会社が実施主体である被災事業者支援プロジェクト

ヘッドマーク掲出列車の運行

(1)運行期間
4月18日(木)~5月上旬予定
(2)運行区間
常磐線:富岡駅 ~ 品川駅
水戸線友部駅小山駅
※運行区間については変更となる可能性があります。
(3)編成
E531系(5両)1編成
4月20日(土) いわき駅7時49分発 富岡行きの列車にて掲出予定

ご当地キャラと記念撮影

(1)開催日時
4月20日(土) 9時30分~11時00分(予定)
(2)開催場所
Jヴィレッジ駅前広場
(3)出演キャラクター(予定)
①ゆず太郎・・・福島県楢葉町をPRするキャラクター
②ひろぼー・・・福島県広野町をPRするキャラクター
キビタン・・・福島県の鳥「キビタキ」をモチーフにしたキャラクター
④ムコナくん・・常磐線特急E657系イメージキャラクター
(順不同)

Jヴィレッジ駅までは、あらかじめ往復のきっぷをお求めのうえご乗車ください。IC乗車券のご利用はできません。またイベント開催に合わせて定期列車の臨時停車および臨時列車の運転を行います。

※1 4/20に限り、使用する編成を651系4両からE531系5両に変更いたします。
※2 4/21~5/6もJヴィレッジ駅に停車いたします。
※4/11時点の情報です。時刻などについては、変更する場合がございます。