【シズリーナ考案:雪見カレーヌードル

「気軽においしいランチが食べたい」という時、みなさんはどうしてますか?

 アイスジャーナリストのシズリーナです。お昼時ともなるとランチをとるビジネスマン&ウーマンたちで街はにぎわいを見せますよね。ピーク時の店先には行列ができて、なかなかお店の中に入れないこともあるほど。

 シズリーナは、そんなランチ戦争には参加せずに、コンビニでよく済ませます。ランチで1,000円前後って、「気軽なお値段」とは言えないと思うんです。もっとリーズナブルに、おいしいご飯が食べられないものでしょうか……。そんな願望を抱いていた矢先に、自分の好きなもの同士を組み合わせて、安くておいしい贅沢な食べ方を発見してしまいました。

レシピ発見のきっかけは、アタシの猫舌

 まず、なぜこのような発見に至ったのか? という話から。アイスクリームのような冷たいものばかり日々食べていると、熱いものが上手に食べられなくなるのです(アタシだけ?)。猫舌のシズリーナが、熱湯を注いだカップ麺を自分の食べられる適温まで冷ますと……その間に麺がスープを吸って伸びてしまうんですよね。

 どうにかカップ麺をスピーディーにおいしく冷ますことはできないかと試行錯誤した結果、大変なレシピを発明してしまったんです。それは、日清のカップ麺カップヌードル カレー」の中にロッテアイス雪見だいふく」を加えるというもの。これだけで……絶品カレー麺が完成しちゃうんです!

 自宅でも出先でも簡単かつリーズナブルに味わえるこのメニューを、アタシは「雪見カレーヌードル」と名付けました。恵比寿の有名店「酒彩蕎麦 初代」の看板メニュー「白いカレーうどん」を彷彿(ほうふつ)とさせる味わい……と言えば一部の方には伝わるでしょうか。ふわふわの雪見だいふくの下から、カレースープが顔をのぞかせ……コレ以上の味の詳細は、食べてからのお楽しみにしておきましょう。ぜひお試しを!



 嬉しさのあまりシズリーナのインスタグラムに満を持して投稿したところ、コメント欄には……「いやいや別々で食べたい!」「わざわざ合わせなくても…」「味の想像ができない(涙)」と悲鳴が続いてしまいました。

 強い批判こそ見受けられないものの、「雪見だいふくの餅はどうなる?」「カップヌードルの温度が下がってしまうのでは?」「甘くなりすぎるのでは?」などなど疑問の声も多数。ということで今回は、詳しい作り方~メーカーさんによる実食までをレポートしたいと思います!

◆「雪見カレーヌードル」の作り方は、たったこれだけ

(1)カップヌードル カレー」のカップの中に、「雪見だいふく」を一つ入れ、熱湯を少なめに注ぎ入れます。お湯の量は、カップの内側の線から5ミリ下回る程度にしてください。
(2)3分後にカップのフタを外し、下の方から“よ~くかき混ぜて”食します。

ロッテ日清食品ブランド担当者さんが実食!

 今回シズリーナは、「雪見カレーヌードル」を味わっていただくべく、ロッテ日清食品の各ブランドに連絡。アタシの胃袋が日頃からお世話になっている商品のブランド責任者の方々に、シズリーナ考案の「雪見カレーヌードル」を試食いただけることになりました!

左:日清食品社 マーケティング部 第1グループ 白澤勉さん右:ロッテロッテノベーション本部 ブランド戦略担当 アイス企画課 安藤崇平さん

 広報担当者さまと話したうえで、お二人には「雪見カレーヌードル」の内容を公開しないまま会議室へお呼びしたので、現場に緊張が走ります。アタシがサプライズ好きなO型であることを後悔しつつも、クリーミーな香りを漂わせながら「雪見カレーヌードル」を黙々と一人でセッティングしていきます。

 出来上がりに3分の時間がかかるため、その間にお二人から「自社商品のアレンジレシピ」を教えてもらいました。

メーカーも認めた! おいしく食べられるアレンジレシピとは?

 まずはカップヌードル編から。「インターネット上の口コミで紹介されているアレンジをひたすら自分たちで試しています」と語るのは、日清食品・白澤さん。

「例えば、『カップヌードル』の残ったスープと卵だけでつくる茶碗蒸しや、追い飯でリゾット風にして最後まで残さず食べたり、また『シーフードヌードル』を、“お湯の代わりにホットミルクで作るとおいしさが倍増する”というネットの口コミを取り入れ開発した商品を2007年に発売し、今も冬の定番商品としてご好評いただいていますね」

日清食品グループ公式サイトより

 日清食品グループ公式サイトには、商品化した『カップヌードル 北海道ミルクシーフー道ヌードル』の姿が……。“消費者のおいしい”を柔軟に受け入れる体制は、さすがです。

 お次は雪見だいふくです。「今まで2個入りアイスの『雪見だいふく』は、秋冬限定販売でしたが、昨年4月から通年販売になりました」と教えてくれたロッテ安藤さんも、アレンジレシピを試しては発信中だそう。

「『雪見だいふく』の公式インスタグラムでも様々なアレンジレシピの情報を積極的に発信しています。その中でもおススメしたい食べ方が、食パンの上に雪見だいふくチーズを乗せて作る“雪見だいふくトースト”です。あとは、コンビニお弁当コーナーに置いてあるナポリタンアレンジも。『雪見だいふく』を乗せて電子レンジで2分温めて和えるだけでおいしくなるんです!」



 雪見だいふく公式インスタグラムで早速チェックしてみました。「雪見だいふく×食パン×チーズで“雪見トースト”」は確かにおいしそう!



 ナポリタン×『雪見だいふく』で“イタリアマックスナポリタン”になるらしいですが……シズリーナはまだ試す勇気が持てません(汗)。

◆いよいよ「雪見カレーヌードル」の実食!

 そうこうするうちに3分経って「雪見カレーヌードル」が完成。今までにない組み合わせのレシピを、両ブランドの担当者さまに味わっていただく瞬間です。

雪見カレーヌードルとご対面

 今回の企画を全く聞かされていない二人が、「カップヌードル カレー」のカップを手に取り恐る恐るフタを開けます。

雪見カレーヌードルに驚き!

 日清食品の白澤さんは、麺を冷たい「雪見だいふく」と一緒に戻すことに驚きを隠せなかった模様。お湯の温度が下がると、麺がしっかりと戻らないことがあるからだそう。

 一方ロッテ社の安藤さんは、カップの中を覗き込み……撮った写真がブレるほどナイスなリアクション!

雪見カレーヌードル

 両者から笑顔があふれましたが、喜びというよりも不安からでしょう。味の想像が全くつかずとまどっている姿や、カップから麺を箸でつかむも、なかなか口へと運ばない姿が印象的でした。

実食!

 そして、いざ実食。ヌードルをすする音だけが会議室中に響き渡るぐらい静まり返った現場。そして……

お、おいしい!!

お、おいしい!!

 両者の胃袋を完全に「雪見カレーヌードル」が押さえ込んだ瞬間を見届けられました!

「同じ釜の飯を食う」ということわざがありますが、“胃袋で会話”をすることはとても大切なことであると、今回の取材を通じて学ばせていただきました。おいしいものを食べようと思ったら他にもたくさんありますが、「カップヌードル カレー」と「雪見だいふく」は、いつでもおかえりと言ってくれる温かみのある商品であることを再確認できました。

 今回は「雪見カレーヌードル」の試食会にお付き合いくださり、ありがとうございました。ということで、とってもおいしいので皆さんもぜひ試してくださいね

<文・写真/アイスジャーナリスト シズリーナ>

【シズリーナ】
年間4000種類以上のアイスクリームを日本全国食べ歩く、アイスジャーナリストアイスクリーム批評家ジェラートの楽しみ方や市販アイスを美味しくさせる方法がインスタグラムで話題になっている。インスタグラムツイッターLINEブログ