2019年3月30日(土)、品川・ステラボールにてトークライブイベントラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 校内マッチングフェスティバル」が開催された。

【大きな画像をもっと見る】

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」とは、2019年配信予定の“最強で最高のアイドルゲーム”をコンセプトとした新アプリゲームラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」に登場する、μ’sAqoursに続くスクールアイドル。今回のイベントは彼女たちのデビューアルバムTOKIMEKI Runners」の発売を記念して開催されたものとなる。

 

出演者は、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の大西亜玖璃さん(上原歩夢役)、相良茉優さん(中須かすみ役)、前田佳織里さん(桜坂しずく役)、久保田未夢さん(朝香果林役)、村上奈津実さん(宮下 愛役)、鬼頭明里さん(近江彼方役)、楠木ともりさん(優木せつ菜役)、指出毬亜さん(エマ・ヴェルデ役)、田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)。アルバム収録のソロ曲が初披露された今回のイベントより、昼公演の模様をお伝えする。

なお、すでにオフィシャルレポート記事が公開されているが、こちらはアキバ総研独自のレポート記事となる。オフィシャルレポートとはひと味違うレポートと、キャストの写真をお楽しみいただきたい。

 

メンバーコールレスポンス初披露!

開演時間となり会場にチャイムが鳴り響く。集まった生徒たち(観客)の前に、キャスト9人が虹ヶ咲学園の制服姿で登場してイベントスタートした。

 

 

時候の話題で盛り上がった後は、自己紹介で行う虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会バージョンコールレスポンスを初披露。マイナスイオン癒やしてくれる指出さん(エマ)や、寝ているところから始まる鬼頭さん(彼方)などそれぞれの個性を生かしたものとなっており、初めてとは思えない盛り上がりをみせた。今後もイベントや番組などで披露していくとのことだ。

 

ちなみに、田中さんは何と実際に特製「璃奈ちゃんボード」を装着しての披露。しかも、表情が変化する機能まで備わっており、しっかり前も見えるのだとか。

 

続く話題は、先日より実施中の「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバーで「2人組」「3人組」「4人組」のユニット構成を決める「ユニットマッチング投票」について。イベント当日の3月30日からは、予選上位9組による本選投票がスタートしており、投票期間は4月15日(月)17:00まで。詳細は公式サイトチェックしてもらいたい。

 

ステージではその企画内容を説明しつつ、さらに事前にハッシュタグ「#虹ヶ咲マッチングフェス」宛に送られた応援メッセージも紹介。自身の推しアイドルを応援する内容だけでなく、受験に合格した報告、今後やりたいことへの質問や期待など、いろいろなメッセージが紹介された。

 

 

初公開のゲーム内PVをバックに個性あふれるソロ曲ステージ

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバーによるかわいい幕間映像を挟み、イベント後半はライブコーナー。注目はやはりアルバムに収録されているメンバーのソロ曲の初披露だ。しかも、各メンバーライブ中には「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」のゲーム内PVも初公開。PVと同じ衣装、同じ振り付けで初々しくも魅力的なパフォーマンスを見せた。

 

トップバッターは相良さん。中須かすみの「ダイアモンド」を元気いっぱいに披露する彼女は、ひとりで歌って踊るのが初めてだという。緊張も感じられたが、それ以上に一生懸命さやかわいらしさ、全身を使ったパフォーマンスが印象的。間奏の「L・O・V・E・かすみん!」コールには、「合格!」と笑顔を浮かべる。

 

 

2番手は天王寺璃奈役・田中さんによる「ドキピポ☆エモーション」。ちょこちょこした動きが特徴的なダンスは、璃奈そのもの。今度は紙で作られた「璃奈ちゃんボード」を使ってコールを求める場面もあり、田中さんもひとりでのパフォーマンスが初めてとは思えない楽しいステージを披露した。

 


一転して、前田さんは美しくしっとりと桜坂しずくの「あなたの理想のヒロイン」を歌い上げる。感情のこもった所作は優雅さがあり、演劇部所属のしずくが舞台で演じているかのよう。スカートレース部分をつかんでお辞儀するシーンも素敵で、伸びやかで芯のある歌声を響かせた。

 

 

スイスからきた留学生であるエマ・ヴェルデを演じる指出さんは、衣装も楽曲もスイスの牧歌的な雰囲気を漂わせて「Evergreen」を披露。緑のペンライトと相まって、癒しオーラマイナスイオンたっぷりだ。軽快なステップに手拍子が響く中、高音の美しさも胸に響くものだった。

 

 

近江彼方のソロ曲「眠れる森に行きたいな」では、ステージ上にベッドが登場。彼方そのものという感じに、ちょっと眠そうな鬼頭さんがふんわりした空気で会場を包み込む。ベッドに腰かけて歌ったり、もふもふの枕を抱いて寝転ぶ場面もあり、いい意味で睡眠効果抜群の時間に。

 

 

自己紹介コールレスポンス有言実行、セクシーで情熱的なパフォーマンスで「Starlight」を披露したのは久保田さん。吐息や強気な視線、胸元に描いた3つのほくろなど朝香果林らしさたっぷり。それを完成度の高いダンスに昇華させているのは、さすが久保田さんだ。

 

 

青から赤へ、熱いロックステージの世界へと誘った楠木さんは優木せつ菜の「CHASE!」を熱唱。サビでバンと突き上げるところは特に印象的で、間奏でのアクションカッコよさ全開。拳を突き上げてさらに気合を入れると、ラストは魂を込めた声で会場を大いに沸かせる。

 

 

村上さんは宮下愛のソロ曲「めっちゃGoing!!」を笑顔で披露。実はダンスに苦手意識があったそうで、ネガティブにもなったという。しかし、積み重ねてきた練習の成果を存分に発揮して、ダイナミックな振り付けを見せる彼女に、観客も会場一体となったコールで応えていた。

 

 

ソロ曲のトリを務めたのは大西さん。大きなリボンのついたピンクの衣装に身を包み、上原歩夢の「夢への一歩」をキュートに歌う。気持ちのこもったパフォーマンスは、手の動きや表情でも感情を表現。かわいさと努力家という歩夢の両面が表れたステージとなった。

 

 

それぞれのソロ曲を歌い終えた後は、再び全員がステージに登場してひとりずつ感想を述べる。ステージ経験が浅いキャストも多く、安堵感と暖かな声援に涙を浮かべるキャストもいた。同時に、その言葉ひとつひとつに作品やメンバーへの愛が感じられ、今後の飛躍がさらに楽しみになった瞬間だった。

 

最後は全員で「TOKIMEKI Runners」を披露。PVとシンクロしたパフォーマンスはまさに「ラブライブ!」の魅力をしっかり受け継いだもの。ソロパートや学年ごとのパートウインクなど1曲の中に聴きどころや見どころ満載で、みんなで両手を使って会場に虹をかけてイベントを締めくくった。

 

 

なお、今回のイベントやこれまでの発売記念イベント、お渡し会の模様を収録予定のBlu-ray8月21日リリースされる。5月22日リリースの「ラブライブ!虹ヶ咲学園 ~お昼休み放送室~ ドラマCD 放課後ファンタジア」と合わせて、ぜひチェックしてもらいたい。

  
(取材・文/千葉研一)

セットリスト

M01. ダイアモンド/中須かすみ(CV.相良茉優

M02. ドキピポ☆エモーション天王寺璃奈(CV.田中ちえ美

M03. あなたの理想のヒロイン/桜坂しずく(CV.前田佳織里)

M04. Evergreen/エマ・ヴェルデ(CV.指出毬亜)

M05. 眠れる森に行きたいな/近江彼方(CV.鬼頭明里

M06. Starlight/朝香果林(CV.久保田未夢

M07. CHASE!/優木せつ菜(CV.楠木ともり

M08. めっちゃGoing!!/宮下 愛(CV.村上奈津実)

M09. 夢への一歩/上原歩夢(CV.大西亜玖璃

M10. TOKIMEKI Runners虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会


>> 【詳細レポート&ソロ写真を掲載!】ソロ曲やコール&レスポンスを初披露!「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 校内マッチングフェスティバル」レポート の元記事はこちら
【詳細レポート&ソロ写真を掲載!】ソロ曲やコール&レスポンスを初披露!「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 校内マッチングフェスティバル」レポート