七味唐辛子の写真をSNSに投稿、「NANAMI TOGARASHI」に衝撃

 女子ブンデスリーガ1部SCフライブルクに所属するなでしこジャパン(日本女子代表)MF猶本光が自身の公式ツイッターを更新し、「25年間間違えてきたわー」とこれまでの人生で勘違いしていたことを告白している。しかし、結果的に猶本は間違っていなかったようだ。

 現在25歳の猶本は、2018年7月になでしこリーグ日本女子サッカーリーグ)1部の浦和レッズレディースからフライブルクに完全移籍。怪我の影響で出遅れたが、10月14日リーグ第4節MSVデュースブルク戦(0-2)で後半途中から投入され、念願のデビューを飾った。

 以降はコンスタントに出場を重ねており、リーグ戦では6位(12チーム中)につけている一方、31日には女子DFBポカール準決勝でホッフェンハイムと対戦。猶本は後半15分から途中出場し、2-0の勝利に貢献してチームも決勝進出を果たした。なでしこジャパンでも4月の欧州遠征に招集され、9日のドイツ戦(2-2)で後半途中から出場している。

 そんな猶本が12日に自身の公式ツイッターを更新し、「七味唐辛子って読み方、ななみとうがらしだったみたい」と言及。さらに「25年間間違えてきたわー」と人生の勘違いを明かしている。証明写真のように“七味唐辛子ショット”を公開すると、「NANAMI TOGARASHI」をアップ目で撮影している。

 もっとも、エスビー食品の公式サイトでは「日本では、七味唐辛子を『しちみとうがらし』と発音しますが、海外の方々にとっては、一味唐辛子いちみとうがらし)と発音が混同するという事で、英語表記で『NANAMI TOGARASHI』としております」という回答が掲載されている。

「しちみとうがらし」と認識していたと見られる猶本だが、それは決して勘違いではなく、正しかったようだ。返信欄でも「それは海外用だからですね」「しちみであってますよ」などの声が上がっている。(Football ZONE web編集部)

SCフライブルクMF猶本光【写真:Getty Images】