hoanin1100.jpg 原子力安全・保安院は2011年4月12日11時頃におこなわれた会見で、東日本大震災の被災による一連の福島原発の事故について、国際基準に基づく事故の評価を「レベル7」に引き上げると発表した。これは25年前の1986年、旧ソビエトで起こったチェルノブイリ原発事故と同じ評価。

 原発で起きた事故については、原子力安全・保安院が、事故の深刻度に応じて「国際評価尺度(INES)」を設定、レベル0から7までの8段階で評価している。これまで福島原発事故は暫定的に「レベル5」が設定されていたが、今回、引き上げられた「レベル7」は評価尺度としてチェルノブイリと並んで最悪のもの。なお、国内最悪だった東海村臨界事故(1999年)はレベル4、スリーマイル島原発事故1979年)はレベル5とされている。

【4/12・11:20開始】​経済産業省より原子力安全保安​​院・原子力安全委員会による​合​同記者会見【再放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv46383993
(番組はタイムシフト機能でいつでも視聴できる)

丹羽一臣

【関連記事】
新たに「計画的避難区域」を設定 福島第1原発事故
枝野長官、原発事故に対する設計者・上原春男氏の提案に言及
原子力安全委員会の動きが見えないのは「ある意味当然」と枝野長官