アニメマンガ作品における定番ジャンルでもある「妖怪」のことを、ちょっとだけアカデミックに解説する「アニメ妖怪よもやま話」。アニメ雑誌「アニメディア」で連載していた本コーナーが「アニメマンガ妖怪よもやま話」としてWEBで復活。今回は、アニメゲゲゲの鬼太郎』で幼児化したねこ娘のような「地獄から戻ってきた存在」について、奈良県在住の妖怪文化研究家・木下昌美が語る。
 

 放送2年目に突入したアニメゲゲゲの鬼太郎』(第6期)が各方面から注目を集めています。2019年4月8日付の朝日新聞朝刊「天声人語」でも、『鬼太郎』に登場する妖怪「いそがし」が取り上げられました。まさか「天声人語」に鬼太郎が登場する日が来ようとは……と驚いたのは、私だけではないはずです。

 さて、巷では突如、幼児化した「ねこ娘」が話題です(49話)。一度、呪いによって消滅してしまったねこ娘ですが、鬼太郎が「地獄に行って閻魔大王に言って連れ戻してきたんだ」とのこと。ただ……そんなに簡単な話なのでしょうか。

 実は地獄、もとい「冥界」を行き来する話は少なくありません。有名なのが平安時代の宮廷歌人・小野篁(おののたかむら)でしょう。以前のコラムでも少し触れましたが、京都にある六堂珍皇寺(ろくどうちんのうじ)の井戸を通って、閻魔大王のもとで裁判の手助けをしていたという話もあります。

 また日本最古の説話文学集『日本霊異記』にも、いくつか冥界から帰って来た人の話が記載されています。たとえば上巻第30話では、膳臣広国(かしわでのおみひろくに)という人物が死後3日経ったところで蘇り、地獄の様子などを語る話があります。

 こうした話を見ていると、ねこ娘が戻ってきたことも不思議ではないのかもしれません。若返っていることにも、何かしらの理由があるのでしょう。今後、ねこ娘がどう変化していくのか楽しみです。

 
解説:木下昌美
【きのした・まさみ】妖怪文化研究家。福岡県出身、奈良県在住。子どものころ『まんが日本昔ばなし』に熱中して、水木しげるマンガのんのんばあとオレ』を愛読するなど、怪しく不思議な話に興味を持つ。現在、奈良県内のお化け譚を蒐集、記録を進めている。大和政経通信社より『奈良妖怪新聞』発行中。
 
●挿絵/幸餅きなこ