「昨季は良かったなあ」そんな風に私が遠い目をしていたのは金曜日ビジャレアルとのヨーロッパリーグ準々決勝ダービー1stレグに1-3と勝利したバレンシアが来週の2ndレグで勝ち抜けを決めると、次は2-0とナポリに先勝したアーセナルと対戦という可能性が高いことに気がついた時のことでした。いやあ、シメオネ監督になって初めてCLグループリーグで敗退したのは肩すかしもいいところだったとはいえ、去年の今頃のアトレティコはEL決勝トーナメントを優勝に向けて驀進中。自分もウキウキと準決勝のアーセナル戦のため、ロンドン応援旅行の計画を練ったりしたものでしたが、今季はもうそういった楽しみがなかったから。

おまけに昨季はレアル・マドリーもCL決勝トーナメントを快進撃。過去3年間同様、決勝を除いて、サンティアゴ・ベルナベウでPSGを始め、ユベントスバイエルンといったヨーロッパの強豪とのCLビッグマッチを5月の頭まで堪能できたのに比べ、今年はアヤックスを見ただけで終わってしまいましたからね。いえ一応、この水曜など、スペイン勢唯一の生き残りだからと、オールド・トラフォードでの準々決勝マンチェスター・ユナイテッド1stレグを観戦に近所のバル(スペイン喫茶店兼バー)に私も足を運んだんですけどね。序盤にショーオウンゴールで0-1とバルサリードするのを眺めながら、裏でマドリッドの両雄にそれぞれ逆転敗退を喰らわせたチーム同士の顔合わせ、アヤックスvsユベントス戦が1-1で拮抗しているのに驚かされたものですが、店内でTVを見ていたお客さんたちもあまり盛り上がっていなかったのはやっぱり、地元チームが出ないと応援する気がおきないせい?

まあ、今季はもうマドリッド勢に関係ないヨーロッパの大会はともかく、話を週末のリーガに移すことにすると、まず土曜にスタートするのはアトレティコ午後6時30分(日本時間翌午前1時30分)、ワンダメトロポリターノにセルタを迎えるんですけどね。前節、バルサとの直接対決に2-0と負け、首位との勝ち点差が11となって逆転優勝の目が完全になくなってしまった彼らには木曜、更に追い打ちをかけるバッドニュースが。そう、カンプ・ノウで前半27分にレッドカードで退場させられたジエゴ・コスタにヒル・マンサノ主審への悪態分4試合、続いてゴディンとヒメネスにイエローカードを出そうとするのを止めようとして主審の腕を掴んだとして4試合の、計8試合の出場停止処分が下ったんですよ。

いやあ、実際私も目標が完全になくなったアトレティコを心配して、木曜金曜と連続してマハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場に行ってみたんですけどね。今季の残り7試合、プラス来季初戦に出られなくなった当人はバルサ戦の前の試合もケガで欠場していましたし、まだ12月の手術から完璧に回復している訳でもなかったのか、今週は1度もグラウンドに姿を現さずにジムごもり。おかげで八つ当たりもあって、もうバケーション入りして母国のブラジルに帰ってしまったんじゃないかと疑ってしまったりもしたんですが…。

でも大丈夫。金曜の記者会見でシメオネ監督も「当人とは月曜に45分、火曜にも30分話し合った。互いに言うべきことを言い合った」と話していましたし、車で練習場に入るコスタの姿もTVE(スペイン国営放送)のカメラに映っていたため、どうやらいることはいるらしいんですが、上訴委員会に嘆願して減刑が決まったとて、1カ月近く間を開けて最後の試合だけ出るとか、まったく意味ないですしね。よって自身も2014年スペインスーパーカップでの退場し、8試合(リーガで4試合消化)のベンチ入り禁止処分を受けた経験のあるシメオネ監督も「Esperamos que tenga una pretemporada fantástica y pueda reponder como queremos/エスペラモス・ケ・テンガ・ウナ・プレテンポラーダ・ファンタスティカ・イ・プエダ・レポンデル・コモ・ケレモス(素晴らしいプレシーズンを過ごして、こちらが望むように応えてもらいたい)」としか言えないようでしたが、はあ。

実は今週末の試合には問題が他にもあって、コスタに加え、バルサ戦で5枚目のイエローカードを受けたヒメネスとトマスも出場停止。その上、CLユベントス2ndレグでもアップしていただけでケガをしたサビッチがカンプ・ノウでも出番がなかったにも関わらず、太ももを負傷してしまったんですが、止めは金曜のパルテ・メディコ(クラブの負傷レポート)で、ゴディンまでダウンしちゃったんですよ。結果、CBコンビが1月にアルヘンティノス・ジュニアースから到着した18才のネウエンと20才のカンテラーノ(アトレティコBの選手)、モンテーロになるって、何せセルタは長期離脱から復帰したここ3試合、5得点と当たりに当たっているイアゴ・アスパスが累積警告とはいえ、16位で残留争いに必死なチームですからね。

練習の方は開始からの15分、木曜はお楽しみ半分のフットバレー、金曜はシメオネ監督も加わって和気あいあいとロンド(輪になって中にいる選手がボールを奪うゲーム)しか、報道陣は見せてもらえなかったんですが、選手たちの気合がどの程度、入っているものか、これだけではとても判断できるものではなし。唯一の朗報は捻挫が完治しないまま、バルサ戦に出て、今週前半はリハビリをしていたモラタが金曜にはグループに戻っていたことぐらいだったかと。

これではあまりに収穫がないので、またしても練習場から追い出された後、天気もいいし、覗ける隙間はないかとシートで覆われた敷地の周りを回っていた私が目撃できたのは3節前のアラベス戦でケガしたレマルがコーチとマンツーマンで1つだけ、外からも見えるグラウンドでボールを使ったエクササイズをしているところでしたが…横で選手の子供たちが遊んでいるような状態だったため、多分、まだ復帰には時間がかかるんじゃないでしょうか。

え、それより今はCL出場圏内の4位という、いまだかつてない高みで頑張っている出世頭の弟分、ヘタフェの試合の方が気になるって?そうですね、前節はコリセウム・アルフォンソ・ペレスでアスレティックを1-0で破り、同じ弟分のラージョがエスタディオ・バジェカスで奮闘したため、バレンシアに勝ち点差3をつけられたんですが、とにかくこの順位は激戦区。代わりにセビージャが5位に上昇して、やっぱりヘタフェとは1差しかないとなれば、日曜正午(日本時間午後7時)からのバジャヤドリー戦を見逃す訳にはいかない?

いえ、今節はセビージャもベティスとのアンダルシアダービーですから、順調に勝ち点を伸ばせるとも限りませんけどね。何よりヘタフェには再来週、セビージャとの直接対決、兄貴分マドリーのコリセウム来訪、そしてEL圏内を狙っているレアル・ソシエダとハードな3試合が待っているため、17位と残留争いの渦中にあるバジャドリー戦は絶対落とせないところかと。ちなみにこの試合の見どころはホルヘ・モリーナ、アンヘルと共にヘタフェの30代黄金FWトリオの一角を占め、3月にはスペイン代表にもデビューしたマタが昨季までの古巣だったホセ・ソリージャに戻ることで、それに立ち向かうのがそのベテランストライカーたちの好調で出番が回って来ず、この冬にヘタフェからバジャドリーに移籍した27歳のセルジ・グァルディオラ。

どちらが“恩返し”に成功するのか、気になるところですが、クールファンが多いヘタフェながら、今回はチームのCL出場を後押しするため、1000人近くのサポーターがバジャドリッド(マドリッドの北西にある車で2時間強の町)まで応援に行く予定だとか。いやあ、出場停止者もおらず、負傷者もCBのカブレラだけなので、柴崎岳選手が招集リストに入る可能性は低いんですけどね。チームが好調なだけにボルダラス監督もメンバーを変えにくいところもあるんでしょうが、それだけはちょっと残念ですよねえ。

そして先週、売った恩を郊外の弟分が返してくれることを期待して、日曜午後2時からアスレティックにサン・マメスで挑むのがラージョなんですが、実はそのバレンシア戦がパコ・ヘメス監督に代わって3試合目での初勝利。その前の2試合はどちらも先制しながら、追いつかれたり、逆転されていたんですが、前節はこの冬、中国の貴州智誠から戻って来たマリオスアレスが定番のラウール・デ・トマスに続き、追加点を挙げることに成功したのが大きかったよう。アスレティックもヘタフェとの試合を見る限り、それ程、大量にゴールが入るようではないため、この日曜も兄貴分からのレンタルエース以外の選手たちも得点に貢献して、何とか残留ゾーンとの勝ち点3差縮まるといいのですが。

一方、今節珍しい日程となったのはマドリーで何と、レガネスとの兄弟分ダービーが月曜午後9時(日本時間翌午前4時)から開催されることに。彼らが月曜試合に当たるのは3年ぶりだそうですが、何せ来週はセマナ・サンタ(イースター週間)で学校が休みですからね。そこへCL敗退により、ミッドウィークが空いたせいもあったんですが、翻って、ここ3年間で8回も月曜に戦っているレガネスは手慣れたもの。成績も5勝3敗と勝ち越していますし、ブタルケも決してガラガラにならないのはやっぱりファンの忠誠心が強いから?

そこへ今回はまだリハビリ中のキャプテンシマノフスキが音頭を取って、マドリー戦前にレガネスの定価60ユーロ(約7500円)程のユニフォームを購入したファンにはチームが勝利した場合、全額返金というキャンペーンを実施。今年は1月に結局敗退したものの、コパ・デル・レイ16強対決2ndレグではブライトワイトゴールで1-0と勝っていますしね。存外に売れ行きはいいんじゃないかと思いますが、嬉しいのは最近、スタジアム正面ゲートの改修に伴って、クラブのオフィシャルショップもキレいにリニューアルされたこと。以前は事務所かと思うような入り口しかなく、初めて訪れるファンには見過ごされかちだったのが、夜に眩しく浮かび上がる大きなショーウィンドーですぐわかるため、これなら買い忘れの心配はない?

ちなみにチームの方はここ2試合、後半ロスタイムの得点でバジャドリーに勝利、アラベスと1-1の引き分けと粘り強くなっているのが評価できるんですが、残念ながら3月のモロッコ代表戦でヒザを痛めたエン・ネシリは練習には復帰したものの、まだ出場はできず。そこへ控えGKルニンはともかく、オスカルもマドリーからのレンタルのため、契約条項でプレーできないとなると、少々辛いところかと。すでに残留目安の勝ち点40は溜まった彼らですが、11位とはいえ、EL出場圏の6位まで勝ち点3と可能性がない訳じゃありませんからね。ここは兄貴分も気合を入れてかからないと、痛い目に遭うかもなんですが…。

いやあ、本当に今週はマルカ(スポーツ紙)など、4日連続で政治家インタビューを巻頭紙面に持ってきていたぐらいで、来季獲得選手候補の噂を除くと、マドリーの情報が少ないんですよ。いえ、どうやら練習のなかった木曜にはアサドール・ドノスティアラ(マドリッド市内のバスク料理レストラン)で決起ディナーがジダン監督を始めとするスタッフと選手たちであったようですけどね。ケイロル・ナバス、ベンゼマ、そして午後11時にはベッドにいるというベイルだけが欠席で、現在勝ち点2つ上にいるお隣さんの占める2位奪取を誓い合ったようですが、やはり彼らの敵はモチベーション。ええ、先日のエイバル戦でもジダン監督がそれを認めていましたしね。

そんな時に限って、前節はお休みをもらいながら、キャプテンセルヒオ・ラモスふくらはぎを金曜の練習で痛めてしまい、出られないのはツイていませんが、カルバハルは負傷が完治、マルセロも出場停止が終わって戻って来られるのは朗報。微妙なのはGKクルトワでまだ全ての練習には加わっていないようですが、とりあえずメンバー的には過不足ないのは羨ましいかと。この後、マドリーはサンティアゴ・ベルナベウでのアスレティック戦、コリセウムでのヘタフェ戦、エスタディオ・バジェカスでのラージョ戦と丸々2週間、ずっと首都を出ることがないため、マドリッド訪問の予定があるファンはもしかしたらの遭遇を狙って、セルカニア(国鉄近郊路線)のバルデベバス駅すぐ近くにある練習場出入り口で選手の車を待ってみるのもいいかもしれません。


【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファンワイン生ハムチーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。
サムネイル画像