3月30日に千葉・幕張メッセで行われたハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)の公演「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」。

 そこで、モーニング娘。の元メンバーである辻希美さんと加護亜依さんによるユニットW(ダブルユー”が復活を果たしました。

-



 2004年1月に結成し、同年8月に2人が卒業しても活動は継続していましたが、2006年2月に加護さんが不祥事を起こしたことで事実上消滅。再結成は幻とみられていましたが、およそ13年ぶりのパフォーマンス披露に多くのファンが歓喜しました。

 立ち上げから20年以上もの歴史を持つハロプロですが、これまで、さまざまなグループユニットを輩出。そこで、20代男性100人へアンケートを取り、復活を望むハロプログループユニットを調査してみました。

 上位にランクインしたグループユニットを紹介していきます。

7~9位:「ちょこっとLOVE」が大ヒットしたのは?

 今回のアンケートでは「復活してほしいハロー!プロジェクトグループユニット」を選択肢の中から回答を選んでもらいました(複数回答可)。

 まず9位(2票)となったのは2004年8月に結成した石川梨華さん、三好絵梨香さん、岡田唯さんによる「美勇伝」。同率で、石黒彩さん、飯田圭織さん、矢口真里さんを初期メンバーとした「タンポポ」、また、松浦亜弥さんと藤本美貴さんによるアイドルデュオ「GAM」がランクイン。

 続いて、7位(3票)となったのは、保田圭さん、市井紗耶香さん、後藤真希さんを初期メンバーとして結成した「プッチモニ」。1999年にモー娘内のユニットとして結成されると、デビュー曲の『ちょこっとLOVE』がミリオンセラーを獲得するなど一大ブームを起こしました。

 市井さんのモー娘卒業を受け、2000年6月に吉澤ひとみさんを加えた新体制に。その後もモー娘5期メンバーである小川麻琴さんの加入など幾度かの変遷を経て、2009年まで活動。

 さらに後藤さん、松浦さん、安倍なつみさんによる3人組ユニット後浦なつみ」も7位に。2004年10月に期間限定ユニットとして結成されると、メンバー各人の人気も相まって、正規グループ以外では異例となるツアーの開催を実現するほどの人気を博しました。

5位:ダンサブルなナンバーが特徴的だったのは?

 5位(5票)となったのは、後藤さんと松浦さん、藤本さんの3人組ユニットごまっとう」。2002年10月に期間限定で結成されたユニットで、作品のリリースシングルSHALL WE LOVE?」のみ。

 同じく5位には後藤さんと松浦さんに、安倍さんと石川さんを加えた「DEF.DIVA」。2005年から2007年にかけて活動していたユニットで、たがいにダンサブルなナンバーが特徴的でした。こうして見ると、後藤真希さん、松浦亜弥さんは多くのユニットに参加しています。

4位:カントリー娘。と、℃-uteもランクイン

cute
℃OMPLETE SINGLE COLLECTION」(UP FRONT WORKS Z = MUSIC =)
 4位(6票)に選ばれたのは1999年タレント田中義剛さんが経営する「花畑牧場」をきっかけに結成された「カントリー娘。」。“おバカタレント”として人気を博し、現在は米大リーグヤンキース所属の田中将大投手の妻としても知られる、里田まいさんが在籍していたグループです。

 2014年11月カントリー・ガールズへ改称。2017年6月に芸能界を引退した元Berryz工房嗣永桃子さんをプレイングマネージャーに据えたグループとして事実上の“再始動”を果たし、現在も現役女子大生グループである「カレッジ・コスモス」と兼任する山木梨沙さん、モーニング娘。’19と兼任する森戸知沙希さん、アンジュルムと兼任する船木結さん、小関舞さんの4人体制で活動を続けています。

 続いて3位(7票)となったのは、ハロプロの礎を築いた「℃-ute」。公開オーディションを勝ち抜いたメンバーで構成され、2017年6月のさいたまスーパーアリーナ公演で、12年間の活動に終止符を打ちました。

 解散当時のメンバーは5人で、バラエティ番組での活躍が目立つ岡井千聖さんをはじめ、リーダーを務めた矢島舞美さんや中島早貴さんも芸能活動を継続。3人組ユニットBuono!」を兼任していた鈴木愛理さんはソロアーティストへ転身。芸能界を引退した萩原舞さんは、アイドルグッズデザインプロデューサーを務めるなど裏方として活躍しています。

1~2位:活動再開の声がやまないあのグループ!

Berryz工房
「完熟Berryz工房 The Final Completion Box」(アップフロントワークス
 続いて、2位(9票)に選ばれたのは身長の低いメンバーで構成された「ミニモニ」。初代メンバーは加護さん、辻さんと矢口真里さん、そしてココナッツ娘。(19992008)に所属していたミカさん。2003年3月には矢口さんが脱退。ミカさんをリーダーに、高橋愛さんを新メンバーに迎えます。

 同ユニットは、2004年3月にテレビ番組で無期限活動休止を発表。しかし、2018年2月に「モーニング娘。20周年記念スペシャル」(テレビ東京)で、矢口さん、辻さんにモーニング娘。’19の現役メンバーを加え、「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」を披露しました。

 1位(10票)に輝いたのは、2015年3月3日日本武道館公演をもって無期限活動停止となった「Berryz工房」。グループの顔だった嗣永さんは芸能界を引退し、キャプテンを務めていた清水佐紀さんや徳永千奈美さんは後輩たちを見守るアドバイザーに就任。熊井友理奈さんもソロとして活動しています。

 また、夏焼雅さんは3人組のガールユニット「PNIK CRES.」のリーダーとして活動を継続。須藤茉麻さんは舞台を中心に活躍し、グループきっての“歌姫”菅谷梨沙子さんは、2017年一般人と結婚、一児の母になりました。

 さて、W(ダブルユー)の再結成をはじめ、数世代にわたるファンたちが思い出を共有できるのもハロプロの強みです。何人ものメンバーの卒業もありましたが、今も活躍する現役メンバーにより歴史を築いてきた“アイドルたち”の楽曲が歌い継がれています。

TEXT/カネコシュウヘイ 調査協力/リサーチプラス

調査概要
調査内容:「復活してほしいハロー!プロジェクトグループユニットをお選びください」(リサーチプラス
調査期間:2019年3月29日
調査対象:全国20~29歳男性100
調査方法:インターネット調査
選択肢Berryz工房ミニモニ。℃-uteカントリー娘。ごまっとうDEF.DIVAプッチモニ後浦なつみ美勇伝タンポポGAM、特になし

【カネコシュウヘイ】

フリーの取材記者。編集者デザイナーアイドルエンタメサブカルが得意分野。現場主義。私立恵比寿中学BABYMETALさくら学院、ハロプロアンジュルムJuice=Juice、カンガル)が核。拙著『BABYMETAL追っかけ日記』(鉄人社)。Twitterは@sorao17

「タンポポ/プッチモニ メガベスト」(ZETIMA)