メイン画像

あす14日(日)の関東地方は、きょうとは一転して雨具の出番でしょう。沿岸部を中心に強い南寄りの風が吹くため、注意して下さい。

高気圧去り、低気圧近づく

きょう13日(土)は、関東地方を含めて日本付近は高気圧に覆われ、広い範囲で晴れました。あす14日(日)は、早くも高気圧の中心が東へと離れるでしょう。かわって、日本海を低気圧が進んで、この低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。このため、まとまった雨雲が西日本から次第にかかりはじめるでしょう。関東地方では雨が降り、次第に南寄りの風が強まりそうです。

ポイントは雨降る・風強まる

画像B

きょうとは一転して、朝は広い範囲で曇り空からのスタートとなるでしょう。千葉県では、朝から雨雲のかかる可能性があり、昼頃からは東京都心などでも、局地的にパラッと降るかもしれません。関東地方で、広い範囲で雨が降るのは夕方以降になりますが、昼頃から降る所がありますので、雨具は一日持ち歩いたほうがよさそうです。ただ、大雨になることはない見込みです。雨が降り続くこともなく、月曜日の朝にはやむでしょう。南寄りの風は昼前後から沿岸部を中心に次第に強まりそうです。詳しい風の予想は、次の「横浜市時系列予報」をご覧ください。最低気温はけさより3度前後高くなる所が多いでしょう。東京や横浜では平年並みの予想です。最高気温は多くの所で17度前後まで上がるでしょう。日差しが少ないわりに暖かく感じられそうです。

横風など注意

画像C

横浜市時系列予報では、午前中に晴れマークがついていますが、晴れても一時的でしょう。空は次第に雲に覆われて、正午頃は雨のパラつく可能性もあります。ご注意下さい。18時頃からは弱い雨を中心に降ったりやんだりする見込みです。横浜市の風は、関東地方のなかでは早い時間から強まりそうです。朝にかけて比較的穏やかですが、正午頃から平均で風速5メートルから8メートルの南寄りの風を予想しています。瞬間的には10メートルを超えるくらいの風が吹くでしょう。横浜市だけでなく、東京都心など多くの所で、5メートル以上の風が吹く見込みです。車で行楽地へ向かう際や帰宅する際など、運転は横風に注意して下さい。

関東 あすは強い南風に注意