皐月賞
ニシデイジー

ここ2戦はスムーズさを欠いたり、馬場が合わず3、4着と連敗中のニシノデイジー(牡3、高木)だが、GⅢ札幌2歳S→GⅢ東京スポーツ杯2歳Sと連勝した実力は本物。中間は主戦・勝浦が付きっ切りで調教をつけており、大一番での巻き返しに期待がかかる。

【皐月賞】ダノンキングリー 東のエース格!打倒サートゥルに闘志を燃やす

勝浦「いい雰囲気ですね」

最終追い切りにも騎乗した勝浦は「いい雰囲気ですね。追い切りの動きもスムーズでしたし、順調です。前走はかなり特殊な馬場となってしまい、残念な結果に。毎日乗ることで馬とはいい信頼関係を築けていますし、関係者の皆さんの気持ちに応えられるように頑張りたいです」と決意を語った。