青森県の寿司といえば、やはり県外の人が一番はじめに想像するのが、毎年正月に高値で競り落とされる『大間のマグロ』を使った寿司だろう。

しかし、青森県の津軽地方出身者からすると、最強の寿司は下北の大間のマグロを超えるウマさの『筋子巻き』をイチオシしたいのだという。

 

■マグロよりも筋子?

ええっ、筋子巻きっておにぎりじゃあるまいし、ほんとに最強レベルに美味しいのだろうか? 彼の話では筋子巻きは青森県はではわりとメジャーな巻きずしで、筋子巻きのレジェンドと言う店まであるのだとか。

筋子巻きのレジェンドなんてどんな店かまったく想像がつかないが、青森駅からもほど近いようなので教えられた寿司店へ向かってみることにした。

 

■筋子巻きのレジェンド『三九鮨』

教えられた店『三九鮨』は市街地の路地裏にあり、店先はかなり暗い印象。本当に大丈夫なのだろうか…。

店内に入るとほぼ満席で、かなり人気店のよう。寿司はどれもリーズナブルなので、2,300円の特上と3本1,500円の筋子巻きを1本、あとは気になった1本1,200円のウニ巻きを注文することに。

■特上寿司は美味

最初に出てきた特上はウニが2貫も入っている豪華さで、意外なことにマグロは無かった。しかし青森県産の高級な白身魚がたっぷり入っており、これまた美味! 地元の美味しい魚を堪能できた。

そして本命の筋子巻きが登場! す、スゴい! 酢飯がほとんど見えないぐらい筋子が大量に入っているではないか…贅沢だけどしょっぱいのでは?

 

■暴力的な量の筋子とウニ

しかし食べてみると甘口の筋子のため塩分はそこまで感じられず、筋子が弾けた瞬間じんわりとした旨味が口いっぱいに広がり、半端じゃなくウマい。きっとイクラちゃんも言葉を忘れるレベルの美味しさだろう。

ウニ巻きも尋常じゃない量のウニが入っており、とても贅沢。1本1,000円オーバーの高級巻き寿司だが、限界突破レベルにウニが大量なので逆に安く感じた。

 

■青森県民の筋子愛に感動

青森県は筋子の消費量が日本一ということでも知られているが、白ごはんだけでなく寿司でも一般的になるレベルの筋子愛には恐れ入った。

大間まで行ってマグロを食べるのもいいが、青森市で筋子巻きと日本酒コンビもたまらないだろう。青森県の筋子巻き、青森市に行ったら食べなきゃ損である。

・合わせて読みたい→【青森マグロ最強決定戦】大間 vs 龍飛 美味しくて安いのは…

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

青森県最強の寿司はマグロでなく『筋子巻き』!? イクラちゃんも言葉を忘れるほどのウマさ