あなたは「美容整形」に対して、どんなイメージを持っていますか? 国際美容外科学会の統計(2014年)によると、今や日本は美容整形の処置数の多さではアメリカブラジルに次いで世界第3位となっており、美容整形市場は毎年10%以上の成長率で拡大しています。

メイリー
写真中央が川井優恵乃MeilyCEO。両端が出資を行った株式会社NOWの共同代表、家入一真氏(左)と梶谷亮介氏
 中央大学5学年(休学中)でありながら美容整形口コミアプリ「Meily(メイリー)」を立ち上げた川井優恵乃さん(24)。彼女自身、総額433万円をかけて、美容整形をした経験の持ち主で、今でも美容整形をすると「ダウンタイム中(施術後の腫れが引くまでの期間)は不安な気持ちになる」と言います。

 そんな原体験を経て起業の道を進んだ川井さんに、美容整形の最新事情や、女子大生ならではの起業マインドを伺いました。

美容整形で時給アップ! 433万円の整形費用を稼ぐ

――最近、なぜ美容整形をする若い女性が増えているのでしょうか?

川井優恵乃(以下、川井):10~20代の女性の間では、Instagramなどの自撮りSNSアップする文化が定着しているので、簡単に自分の顔を他人と比べられるし、コメントで「隣の友達のほうが可愛いね」と書かれたりして容姿を評価されてしまうんです。写真加工アプリで「目がもうちょっと大きければもっと可愛くなれるんだな」と手軽にシミュレーションできることも影響していると思います。

――川井さんが美容整形をしたいと思うようになったのは?

川井:小さい頃から、同じことをしているのに可愛い子の方だけ褒められる、といったことがあり、可愛いほうが得というのを身に染みて感じていました。なので、可愛い友達が羨ましかったんです。高校生時代に化粧をするようになり、ずっとアイプチで二重まぶたにしていました。接着剤でまぶたがかぶれてしまってもアイプチをやめない私を見て、母が「そこまで二重にしたいなら、整形してもいいんじゃない?」と言ってくれました。私自身も「大学生になったら絶対に整形しよう」と思っていました。

――費用はどうされたんですか?

川井大学生の間にキャバクラクラブラウンジアルバイトをして稼ぎました。実は、整形をする前はラウンジの面接で落とされることもありましたが、整形をある程度したら、西麻布のラウンジオーナーさんに「うちで働かない?」と声を掛けていただいたり、スカウトをされるようになり、どんどん時給の高いお店で働けるようになりました。費用は総額で433万円掛かったんですが、すべてアルバイト代で賄うことができました。

出会い系アプリで人材探し、今時女子大生の起業術

メイリー
美容整形口コミアプリ「Meily」
――起業のきっかけを教えてください。

川井:大学3年生のとき、アゴを整形したらヒドく腫れて、伸びたように長くなってしまったんです。当時はインターネット上に整形手術の体験談などの情報があまりなかったので、どうして長くなってしまったのか分からず。原因は腫れだったのですが、引くまでの2か月間、本当に不安で、毎日マスクをして大学に通っていました。整形を隠していたので、友達などには相談できずに過ごしました。

 その経験から「美容整形した人同士で安心して情報を交換できる場を作りたい」と思い、私と同じように韓国で美容整形をした人が集まるWebサイトを作りました。私がやっていたSNSを使って、180人に「美容整形の体験レポート」を依頼したところ30人が無償で詳しいレポートを書いてくれたんです。

「自分が時間と労力を掛けて得た体験談を、人のために提供してくれる人がこんなにいるんだ!」と感動して、もっとシェアしやすいアプリという形にしたいと思い、エンジニアを探すことにしました。

――エンジニアはどうやって探したんですか?

川井:最初は、同じ大学の情報学部の方に声をかけ他のですが、どの人もプロジェクト掛け持ちしていたり、インターンをしていたりでなかなか見つかりませんでした。そうしているときに、Tinderでイケメンを探していたら相手の職業が見られることに気づいたんです。そこで、「エンジニア」や「デザイナー」と書いている人に「アプリを作りたいんですが協力していただけませんか」とメッセージを送りました。

 それで出会ったのが今のCOOです。私がアプリの企画書を持参して説明すると、興味を持ってくれて、一緒に私の友人の美容整形経験者に会いに行って、どんなニーズがあるのか話を聞いたりしました。彼はすでにエンジニアチームを持っていたので、仕事の休日を使って協力してもらえることになりました。

出資話が頓挫し、3か月間無収入に

メイリー

――起業資金はどうされたんですか?

川井:私の友人が、あるエンジェル投資家と仲が良く、その方を通してベンチャーキャピタルから出資を受けられることになったんです。ただ、メンバーを集めたり、起業の準備をするのに2か月ほどかかって、その間、先方の温度感が下がってしまい、出資の話がなくなってしまって。

――メンバーのなかには仕事を辞めた人もいるのに……。

川井:必死でベンチャーキャピタル回りをして、私が貯めていた整形資金からお給料を支払っていました。3か月後、「コードリパブリック」という起業家育成プログラムに採択していただき、出資を受けられることになりました。

――採択された決め手は何だったんでしょうか?

川井:すでにフルタイムエンジニアデザイナーが揃っていたこと、開発体制が整っていたことと、メンバーが優秀で、目的のために最善を尽くし決して諦めない人間であることを評価してもらったと思います。事業内容も私自身の体験に基づいて、「美容整形をする人の助けになりたい」という明確なヴィジョンも大きかったでしょうね。

――起業家育成プログラムとは、どういう内容なんですか?

川井:事業計画や資本政策のことなど、会社経営の基本を教えてもらえます。また、週1で株主であるファンドトップの方から指導を受けられるんですが、「頭を使って、競合他社と同じやり方をしないように」と、毎週お腹が痛くなるくらい厳しく指導されます(笑)。でも、毎回ハッとさせられるアドバイスをいただけるので、何よりも勉強になりました。

ベンチャー起業家の繋がりの中で学ぶ経営術

――在学中に起業されたことで、苦労されたことはありますか?

川井:私はもともと起業したいと思っていた訳ではないし、就職したことがないので「インターンに行っておけばよかった」と起業してから思いました。メンバーはみんな同世代なので、私がリーダーシップを取るというよりも、対等な関係性で意見を言い合ってますね。議論で熱くなっちゃうこともあるんですけど、「目的の達成には何が必要か」を冷静に考えるようにしています。それでも、採用や人間関係など、悩むことはたくさんありますね。

――経営者としての悩みはどうやって解決しているんですか?

川井:私はすぐ人に聞くタイプです。クリニックへの営業が難しかったときも、知人に「クリニックの経営者の知り合いはいませんか?」と聞いて回ったら、本当に繋がっていったこともありました。経営や事業に関してわからないことがあれば、先輩経営者のエンジェル投資家の方々にアドバイスをいただいてます。人間関係についての悩みは、同じ規模や少し先をいってる同世代の起業家にアドバイスを求めることもあります。

 先日、パパ活アプリPaters(ペイターズ)」の日高亜由美社長に相談したときは、多忙にもかかわらず、長文のLINEアドバイスをいただいて感激しました。経営者はみなさん苦労されているので、相談すると、親身になってくれる方が多いと思います。質問して学んだことを、将来、私も若い起業家に返していければいいなと思っています。

整形は、前向きになるための手段のひとつ

メイリー

――美容整形を公表したことで、何か変化はありましたか?

川井ネットでは辛辣な意見が多かったですが、直接関わっている人たちで批判する人はいませんでしたね。ベンチャーやIT系の人は合理的なので、受け入れられやすいのかもしれません。周りに言えなくて悩んでいる人は、受け入れてくれる人や環境を選んで、人付き合いをしてもいいのではないでしょうか。ただ、親や親戚の理解を得られずに悩んでいる人はとても多くて、「Meily」でも相談している人が多いです。両親や親戚は選べないのでとてもツラいと思います。

――親世代は特に美容整形に否定的かもしれないですね。

川井:かつては美容整形についてメディアの取り上げ方が過激だったので、特に印象が悪いと思います。最近は有村藍里さんの美容整形がドキュメンタリー番組で公表されたりして、「前向きになるための手段」という認識に少しずつ変わっているのではないでしょうか。美容整形をした人が、否定も肯定もされず、放っておいてもらえる社会になってほしいですね。

――最後に、起業や転職を考えている人に向けてメッセージをお願いします。

川井:美容整形も、起業や転職も「後悔するかもしれない」と思うなら、やるべきではないと思います。私は不安よりも「変わりたい」という気持ちが上回ったので行動に移しました。その気持ちが強ければ、リスクに対しても「挑戦して何かを残せる」と捉えられるのではないでしょうか。

<取材・文/都田ミツコ 写真提供/Meily>

【都田ミツコ】

編集者ライターエッセイスト。日課は今朝計った体重を妹にラインで送りつけること。

写真中央が川井優恵乃MeilyCEO。両端が出資を行った株式会社NOWの共同代表、家入一真氏(左)と梶谷亮介氏