10戦目を目指し、レベルス王者スアレックとスパーをする鈴木(左)

 4月20日(土)東京・後楽園ホールにて開催の『REBELS.60』で行われる「REBELS vs. SHOOTBOXING対抗戦」に挑むREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者・スアレック・ルークカムイ(33=タイ/STURGIS新宿ジム)と、Krushにも参戦し9戦 9勝(6KO) 無敗の成長株、鈴木宙樹(22=クロスポイント吉祥寺)が都内で公開練習を行った。

SHOOTBOXING vs REBELS 対抗戦」はSHOOTBOXINGとREBELSチャンピオンクラス同士が戦う対抗戦。
 4月27日後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING2019 act2』では対抗戦4試合が行われるが、それより一週間前の4月20日、REBELSにて2vs2の対抗戦で幕を切る。

 スアレックとのマススパーをこなした鈴木は対抗戦で戦うSB日本ライト級3位の上田一哉(18=シーザージム新小岩)の印象を「身長は高いがパワーはなくテクニックも自分が上。蹴り対パンチになるが、自分のパンチが先にあたる」と、自信をもって答えた。 

19年2月タイ選手をこの右ストレートでKO勝利

 無敗で連勝街道を突き進む鈴木は、今回10連勝目がかかる一戦に対し、「クロスポイントでは(小笠原)瑛作さんの9連勝が最高記録。『はじめの一歩』も10戦目で負けているので、魔の10戦目を超えてみせます」と、一歩と瑛作越えを宣言。クロスポイントの次世代エース名乗りを上げる。

 今回の試合に向けて鈴木は「必殺技ダブルパンチ”を用意しました」と豪語。ディズニーランドミッキーマウスが見せた動きからヒントを得たという。まだ練習でも成功していないという必殺技が本番で炸裂するのか期待がかかる。

対抗戦に挑むスアレック(左)と鈴木

 長年一緒に練習しているという両者。スアレックは「小さいころから一緒」と、鈴木を弟のようにかわいがり、鈴木は「タイ人とは思えないほどパンチテクニックすごい中学生のころにはハイキックでKOされた。」とスアレックに信頼を寄せ、「試合内容でロンさん(=スアレック)に勝ちたい」と兄貴分にプレッシャーをかけることも忘れなかった。
 対抗戦では「(REBELSが)勝つのは当たり前」と自信。新必殺技ダブルパンチ”で10連勝を飾ることができるか。