4月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、今や芸能界を巻き込む事態にまで発展している、爆笑問題太田光とぜんじろうの「どっちが先輩なのか騒動」について、太田がぜんじろうとの“直接対決”で決着をつけることを約束した。

【写真を見る】ちまたで話題のぜんじろう

この騒動にナインティナイン岡村隆史は「ぜんじろうさんの方が、絶対太田より先輩なんですよ。太田の記憶が間違っていると思う」と、事の発端ともなった“呼び捨て”で「太田」と連呼し、おぎやはぎラジオで「(太田を)全部信じていいのか分からない」(小木博明)、「基本ウソつくからな」(矢作兼)とコメント

この発言を驚いた表情で聞いていた太田は「まぁしかし今回のことでね、俺の人望のなさにビックリしましたよ」とあきれ顔で感想を言うと、相方の田中裕二が「全然ですよ。太田さんの味方は誰もいませんからね」と追い打ちをかけた。

続けて太田は「俺もぜんじろうもね、お互いねもう、ピエール瀧そっちのけの話になってるからね。僕はもう大人ですから。ぜんじろうのことに関してはもう何でもない。とにかくもう、これから先は水掛け論ですから。記憶があったとかの。俺も頭打ってるし、こいつ(田中)も頭打ってないのにボンヤリしてるからね。そういう意味ではいいんだけれども。ぜんじろうに言いたいのは」と前置き。

その上で「おまえな、独り言を言うなら俺の名前出すな! おまえのTwitter誰に向かって言ってんだか分かんねぇんだよ。な! 怒ってんだかどうかも分かんねぇ。俺に向かってケンカ売るなら、太田って言って、名指しで俺に言え!

(笑)じゃねんだよ! ばかやろー! いいか! おまえの今の感情が俺には分かんないから、不気味でしょうがない! 今度ラジオに呼ぶから、オファーするから、(勝手にラジオに)乗り込んでくるなんてことはできないから、ちゃんと申請するから、ちゃんとオファー受けるなら受ける、受けないなら受けないで、事務所と相談しろ!」と太田はまくしたて、ぜんじろうにラジオへのオファーを出して、騒動に決着をつけると約束した。

次回の「サンデー・ジャポン」は4月21日(日)放送予定。(ザテレビジョン

太田光