Image: Amazon.co.jp

ライフハッカー[日本版]からの転載

25年の長期保存を実現。

一般的な保存食でも数年しか持たない中、驚異的な保存期間を実現した食料が「サバイバルフーズ」です。いつ来るかわからない災害に対して備えておきませんか?

25年保存でき、栄養もバッチリ

Image: Amazon.co.jp

以前、ライフハッカー[日本版]で取材をした際に、腐らない理由を聞いたところ以下の回答をいただきました。

サバイバルフーズは、フリーズドライ加工により食品中の水分を最大で98パーセント除去しており、微生物が使用できる水分がないために腐りません。

その技術ベースになっているのですが、50年に渡る経験。

永谷園の約50年にわたり蓄積されたフリーズドライ技術と、長期保存食市場を40年以上牽引してきた セイエンタプライズの経験によりつくられた、25年の超・長期保存が可能なクラッカーフリーズドライ加工食品の備蓄食です。

25年もの歳月腐らずに保存できるのは、50年にわたる経験があったからなんですね。

例えば、「洋風とり雑炊」は、うるち米や鶏肉をベースにした食べやすい雑炊タイプ。なんと、乾燥した状態でも食べることができるんです。

原材料

うるち米(国産)

・味付鶏肉

マッシュルーム、人参、いんげん

・醤油(大豆を含む)、食塩、チキンエキス(小麦を含む)、でん粉など

バランスよく食材が入っているのも、嬉しいところ。

水で戻しても食べられる

Image: Amazon.co.jp

もちろん、水やお湯がある場合は、ふやかして食べることが可能です。温かい食べ物を食べれば、気持ちも落ち着きますよね。

非常食はさまざまな種類がありますが、サバイバルフーズはその中でも最長25年の保存が可能なもの。非常食として使わないことを祈りたいところですが、来る来ると言われている地震に対して、数個備えておいてもいいのではないでしょうか?

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

サバイバルフーズ 洋風とり雑炊 小缶(2.5食相当)

3,219

さまざまなラインナップがありますので、気になる方は以下のページよりチェックしてみてください。

>>「Amazon サバイバルフーズ」のアイテム一覧へ

Source: Amazon.co.jp