リーグアン連覇が目前に迫っているPSG。第32節リール戦では引き分け以上で優勝が決まるはずだったが、思いもよらない展開になった。

開始わずか7分、トマ・ムニエのオウンゴールで失点したパリ。その4分後に追いつくも、前半のうちにムニエとチアゴ・シウヴァが負傷交代に。さらに、前半36分には同点ゴールを決めたフアン・ベルナトが一発退場…。

前半で数的不利を負ったうえ、交代枠を2枚も使うことになってしまった。すると、後半に待っていたのはリールのゴールラッシュ。

ビッグクラブが狙うニコラ・ペペに勝ち越し点を奪われると、その後も失点を重ねる。終わってみれば、1-5の惨敗となってしまった。

Optaによれば、PSGリーグアンで5失点以上を喫するのは、2000年12月のスダン戦(1-5)以来のことだそう。

【関連記事】 「PSG、この夏に獲得したい5人のビッグネーム」

優勝がお預けになったPSGは次節、ハリルホジッチ監督のナントと対戦する。

PSG、衝撃の5失点…まさかの大惨敗!なにがあったのか