水ダイエットで女性が重体に

昨年2018年から、美容界隈では「ダイエット」なるものが話題になっている。その内容は、大量の水やフルーツジュースを飲み続けることだけ。

これにより多くの人が「痩せた!」との声を上げているようだが、今回のイスラエルの女性は、これにより一時重体に陥ってしまったのである。

名前は公開されていないが、倒れたのは、イスラエルのテルアビブ在住の女性。

彼女は体重40キロほどの痩せ型体型だったというが、地元の無免許のセラピストの指導により、3週間水だけを大量に飲む「水ダイエット」を続けていたという。

医師による詳しい診断は報じられていないが、女性は重い”ナトリウム血症“を引き起こしていた。

これは、水の飲みすぎによって血中の塩分濃度が低下することで引き起こされるもので、症状は疲労感や頭痛から始まり、深刻化すると死亡することもあるという。

今回の女性も、長期間の栄養失調と過度の水分摂取により脳に障害が残ることが危惧されていたが、幸いにも後遺症はなく、容態は安定しているとのこと。

もちろん、低ナトリウム血症を引き起こすのは水ダイエットだけではない。暑い季節に大量の水を飲み、塩分を摂り忘れる事でも引き起こされる。

これからの暖かい季節に向けて、水の飲み方には特に気をつけてほしい。

 

参照元:Mako.co.ilFacebook

【狂気】3週間水ダイエットを続けていたイスラエルの女性が重体に