株式会社幻冬舎グループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『在宅医療のリアル 改訂版』(上田 聡 著)を2019年4月12日に発売いたしました。
――――――――――――――――――――――――――

在宅医療業界で話題を呼んだ
ロングセラー書籍を全面改訂

超高齢社会を迎える日本にとって、高齢者の「死」は避けて通れないテーマです。

増え続ける高齢者に対して、医療・介護サービスの提供が質量ともに追い付いていない現状があるなかで、
身近な家族の死をどこで迎えてもらうべきかについて、問題意識を持っている人も増えています。

一方の高齢者は、住み慣れた自宅で最期を迎えたいと、誰しもが思っています。

では、終末期を自宅で過ごしてもらう、自宅で最期を迎えてもらうために、家族は何をすればよいのでしょうか。

そこで本書では、数多くの終末期患者を診てきた医師が、在宅医療で看取りに立ち会ってきた現場を克明に記録します。

“人生の集大成”である終末期をどう過ごすべきか――。
数多くの看取りを行ってきた在宅専門医が語ります。

【書籍情報】
書 名:『在宅医療のリアル 改訂版』
著 者:上田 聡(ウエダ ソウ)
発売日:2019年4月12日
定 価:800円(税抜)
体 裁:新書版・並製/202ページ
ISBN :978-4-344-92227-3

【目次】
第1章 日本の医療・介護の問題点
第2章 医療の方向性 病院と在宅と
第3章 地域包括ケアシステムの中での模索
第4章 介護業界のリアル
第5章 「死」と「理性」
第6章 最期の質
第7章 これからの医療の形、私論在宅医療論

【著者プロフィール
上田 聡(ウエダ ソウ)
1966年生まれ。国立山形大学医学部卒。自治医科大学循環器内科、榊原記念病院を経て、
千葉県循環器病センター医長等も務め、主に心臓病の高度専門医療に専念。
2006年に独立し、現在の上田医院を開業。
独立開業後は地域のかかりつけ医として、また在宅医療の専門医として、
10数年にわたって数多くの終末期患者を看取っている。



配信元企業:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ