top


 地球のおよそ7割を占めているにもかかわらず、未だ謎の多い領域でもある海。

 この広くて深いミステリーゾーンをすべて解き明かす日がいつになるかはアイドンノウだが、ボーダーである浜辺には、時折いとおかしなものが現れる。

 波に洗われたものや潮の満ち引きに翻弄されるものなど、ビーチで目撃されたいろんなものを紹介しよう。

―あわせて読みたい―

なんじゃこりゃミステリー。30年ごとに石の卵を産み落とす、中国にある謎めいた崖
これをホラーと呼ばずして何をホラーと呼べばいいんだ?っていうくらい不気味な物体がニュージーランドに鎮座してた
何これ不気味。古今東西海岸に流れ着いた15の奇妙なクリーチャー
流れ流され560キロ。海を漂流していたデジタルカメラには、その持ち主と漂流したいきさつが記録されていた。(続報追記あり)
旧日本海軍の大型潜水艦「伊400」が発見される(米オアフ島)※追記:格納塔の撮影した映像が新たに公開

1. 海辺のコンパス


風に吹かれてかなり正確な円を描く海藻。
2_e

2. メッセージ入りボトル


4_e

 ボトルの中の手紙にはある男性のエピソードが綴られていた。

モスビーチ カリフォルニア 2014年8月17日
私の名前はメルです。私には3人の素晴らしい子供たち、連れ添って54年目になる美しい妻がいました。私は海をこよなく愛し、海釣りを愛し、息子とアワビを取ったり、家族みんなで潮溜まりを訪れたりするのが大好きでした…

このボトルは緩和ケアを受けていたメルが、死の直前に、その思いを託したメッセージが込められていたもので、彼の家族が海へと流したものだった。

このボトルを拾った男性らは、メッセージにきれいな色のゴムをつけて封をし、メルが大好きだった海へと再び戻した。

【詳細】メッセージボトルに込められた思いが、今この瞬間もどこかの海で旅をしている。感動のリアルストーリー:カラパイア

3. 真ん丸な石


よもやこんな所で神秘の石を発見するとは…
3_e

ほぼ完ぺきな真円度で家宝に決定?
3_2e

4. 幼少期のタコ


カナダバンクーバー島で良く見つかるタコ。
数年後には4mの触手を持つ巨大タコになるそうだ。
21_e

5. 黄鉄鉱化したアンモナイトの化石


アンモナイトの化石のメッカイギリスジュラシック・コースト付近で見つけたそうだ。
7_e

6. 氷の椅子


アイスランドの黒い砂浜にあった氷の塊。座り心地も最高!
9_e

7. クジラの頭蓋骨


今は博物館の展示品になってるようだ。
13_e

8. 生態系を生むガラス玉


ハワイの海で拾ったガラス生き物が住んでいた。この浮き玉は美しかったが、小さな彼らが妙にいとおしく思えて元の場所にそっと戻したそうだ。
16_e

9. 石の虹


イギリスホーンシービーチで誰かが作った美しい虹。
17_e

10. 巨大イカ

ニュージーランドのウェリントンの浜に漂着した大きなイカ。

11. 数kgのコカイン


フロリダの浜辺にあった包みは15万ドル(1670万円)相当のコカインだった。
11_e

12. 石を内包する石

浜辺で見つかったもので中の石がわずかに動くそうだ。ノジュールまたはコンクリーションではないかと言われている。

25_e


13. 昔の戦闘機


10年ほど前にイギリスの北ウェールズの海岸で見つかった戦闘機P-38ライトニング。その後の調査で第二次世界大戦で活躍した米軍のエースパイロットトーマス・マクガイアの愛機「パジーV」だったことが判明。

今はマクガイア米空軍基地に飾られてるようだ。
31_e

14. 亡き息子へのメッセージ

2人の幼い子どもを連れてアメリカのケープコッドの浜辺に来た女性が、子どもが拾った貝殻の裏のメッセージに気づいた。

そこには、亡き息子「マット」を偲ぶ母親の想いが綴られていた。

これを読んだ女性は、わが子を失い悲しむ彼女に胸を痛めて「この貝が私の子どもを楽しませてくれたことを彼女に知らせたい」と画像をシェアした。

15. 貝が付着したアートっぽい頭部


マネキンの首?フランスの浜辺で見つかったものらしい。
8_e

16. ピアノでできたタワー


アイルランドのラウス州のブラックロックの浜辺にある楽器店の宣伝。写真は干潮時のもので、裏にある電柱が支柱になっているらしい。
28_e

【関連】ギリギリセーフ。重力に抗う人・モノ・動物・自然のチャレンジ魂を見守るの会:カラパイア

written by D/ edited by parumo
追記:(2019/4/15)本文を一部訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273096.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

ちょい足しテクでプロの仕上がり!ゼラチンを混ぜるだけでパラパラになる極上チャーハンのレシピ【ネトメシ】
花粉黙示録がアメリカを襲う!黄緑色のフィルターをかけたように景色が変貌中
親から本を読み聞かせてもらった子ともらわなかった子、幼稚園までには100万語の潜在的な語彙(ごい)の差が生まれる(米研究)
若者がスマホ画面を見ている時間とメンタルヘルスの関係性を大規模調査。関係性はほとんどなし(英研究)
デススターってこんなに小さかったの!?スターウォーズの世界を地球上の現実世界に持ち込んでみた面白比較映像

―画像の紹介記事―

瀕死の状態の赤ちゃんリスを保護。無事に育て自然に帰したはずだったが、リスは家族たちを忘れていなかった
インスタグラムでリッチなセレブ感を演出した写真を投稿する実験。人々の反応はどう変わるのだろう?
ビションフリーゼの顔はなぜまんまる綿毛なのか。フワモフっぷりがわかるビフォーアフター
配達ルートにある家の飼い犬たちを抱き、笑顔で仲良し写真を撮影する超犬好き配達員(アメリカ)
ゴッホが最後に描いたとされる一枚の絵画の真実が明かされる。その背景はやさしいピンク色だった。
なんじゃこりゃぁあ!?海岸で見つけた16のすんごいモノ