以前は、非常食や常備しておく保存食といったイメージのあった缶詰。最近では、缶詰専門店や缶詰バーといったお店ができるなど話題になり、保存食としてではなく、晩酌のおつまみごはんのお供として缶詰を買い求める方も多いといいます。また、高級志向の缶詰も多数登場しているのも最近の特徴です。安いものだと100円程度で購入できる缶詰ですが、中には数千円〜1万円するような缶詰もあるのだとか。今回は、お酒に合っておつまみとして美味しく食べられる缶詰5選をご紹介します

 

目次

 


スモークが香ばしく生臭さゼロのサーディン缶


トマトコーポレーション 肴缶 スモークオイルサーディン

トマトコーポレーション 肴缶 スモークオイルサーディン」は、バルト海で獲れた新鮮なイワシに天然木を使用して、じっくり香ばしく燻製にした缶詰です。酒の肴にぴったり。そのまま食べるほかに、スパゲッティやカナッペ、サラダサンドイッチなどの具材としてもおいしく、ホームパーティーでも活躍すること間違いなしの一品です。「スモークがしっかり効いて生臭みがない」「油っこくなくたべやすい。缶も開けやすくリピ決定」「ハイボールのあてに最高です」とユーザーからは高評価。

【詳細情報】
サイズ:2.4×7×7cm
重量:721g

 


サバの旨みがギュッと凝縮したサバ缶


岩手県産サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味


岩手県産サヴァ缶 国産サバのレモンバジル味」は、「一般社団法人東の食の会」「三陸フィッシャーマンズ・プロジェクト」「岩手県株式会社」の共同プロジェクトによって開発された缶詰で、復興を願う思いから誕生しました。フランス語で「元気?」という挨拶を意味する「Ca va?」。そのロゴが目を引くおしゃれパッケージには、岩手県から全国へ向けて「元気ですか?」と声をかけるイメージが込められています。銚子以北の東日本で水揚げされたサバを大きめにカットし、レモンバジルソースで味付け。おつまみとしてそのまま食べるのはもちろん、パンと合わせたりパスタご飯のお供にもおすすめです。

【詳細情報】
サイズ:8.6×8.5×4.4cm
重量:222g

 


海鮮を思う存分楽しめる人気缶詰セット


北の国からの贈り物 缶つま ギフト ズワイガニ ほたて イカ 海鮮 3種 セット


北の国からの贈り物 缶つま ギフト ズワイガニ ほたて イカ 海鮮 3種 セット」の中の、「天使のほたて」は、旨みたっぷりなほたてと、数の子、風味豊かな青さ海苔をマヨネーズと和えた洋風仕立て。「幸福のずわいがに」は、カニの女王・ずわいがにの棒肉を使用し、おつまみの他に炊きたてご飯にもぴったりです。こちらは、平成30年度 函館市長賞受賞。3種類目の「煌めきのチーズいか」は、肉厚でプリプリ食感の北海道産のいかに、濃厚なチーズを合わせた相性抜群の逸品。ワインや焼酎、日本酒ビールなどにも合う味付けになっています。また、ギフト用のラッピング仕様なので、大事な人への贈り物や、毎日頑張る自分へのご褒美にも。

【詳細情報】
サイズ:25×8.5×4cm
重量:472g

 


ふっくらした身とぎっしり詰まった卵は絶品


天の橋立 子持ちししゃも油漬

「天の橋立 子持ちししゃも油漬」は、メディアで大人気の「天の橋立シリーズ」のししゃもです。脂の乗った、樺太ししゃも(ケペリン)に、軽く塩を効かせて油漬けにしました。ふっくらとした身の歯ごたえと、卵のぷちぷちとした食感が抜群。醤油を垂らすだけで、おつまみやご飯のおかずになり、料理の食材としても和・洋・中と幅広く楽しめます。ユーザーからも「身はふっくらしていて、卵もぎっしり詰まっている。正直あまり期待していなかったのですが、これは期待を裏切る美味さです」との声も。また、シンプルながらも個性溢れるパッケージデザインを採用しており、贈り物としても最適です。

【詳細情報】
サイズ:10.8×7.6×2.3cm
重量:99.8g

 


上品な燻製の香りと牡蠣の旨味たっぷり


牡蠣の燻製 油漬け缶詰

「牡蠣の燻製 油漬け缶詰」は、宮城県産の牡蠣のみを使用した香ばしくジューシーな牡蠣の燻製油漬けの缶詰です。香りの強い桜チップで燻製し、クセのない綿実油でじっくりと漬け込んでいるので、上品な燻製の香りとジューシーな旨味が口いっぱいに広がります。そのまま食べてお酒のおつまみとして、炊き込みご飯の具などの料理や、カナッペなどオードブルのトッピングとしても最適。残りのオイルには牡蠣の旨味が溶け出しているので、パスタに絡ませるなどの使い方も◎。ユーザーからは「おかずやおつまみがわりによく食べています」「クリスマスお正月などのパーティーシーズンにも使えそう」などの声も。

【詳細情報】
サイズ:20.9×7.9×5.8cm
重量:472g

 

目次に戻る

「おつまみ缶詰」の晩酌ってなんであんなに幸せなんだろう、ということでオススメの缶詰5選