企業口コミサイト「キャリコネ」(運営:グローバルウェイ)が「年収が高い都道府県ランキング」を発表しました。1位は大企業が集まる「東京都」で、平均年収は474万円でした。

【その他の画像】

 2015年4月1日~18年3月31日を対象に、ユーザーが投稿した勤務先での年収と企業所在地から、都道府県別にまとめて平均年収をランキング化したものです。

 1位の東京都に続く2位「神奈川県」(442万円)。3位は「大阪府」(438万円)、4位は「愛知県」(428万円)と大都市圏が続きます。

 一方、最下位の47位は「秋田県」で、平均290万円。東京都と比べ184万円の差がありました。46位は「島根県」で300万円、45位は「鹿児島県」で310万円。下位には東北地方九州地方が多く、「これらは大手企業が少なく、最低賃金も低めに設定されている都道府県が多い地域」とのこと。秋田県は県内に本社を置く東証1部上場企業が1社のみだとしています。

 国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、2017年の日本の平均年収は432万円でした。業種や企業規模によって違いがあり、最低賃金にも地域差があることなどから、地域ごとに平均年収の違いが生まれているものと思われます。

大企業が集まる東京が平均年収トップ Photo by Jezael Melgoza on Unsplash