恵比寿マスカッツの冠番組『恵比寿マスカッツ 真夜中のワイドショー』(AbemaTV)が放送された。オアシズがMC、黒沢かずこがADを担当し“セクシー事件簿”をマスカッツなりに大体で討論する大人なワイドショー番組だ。


 今週行われた「ましたけどデスボール」は、ボールに当たったら自分の秘密を暴露しなければならないというルールドッジボール。審判のオアシズが面白いと感じた暴露をした者のみコートから抜け出せるため、全員秘密を守るためにガチでバトルを繰り広げた。

 開始早々ボールに当たってしまったのは、小林ひろみ。以前も番組で「実の兄と一緒にお風呂に入っている」と明かし、ネット上で話題になっていたが、今回の暴露も兄に関するもののようだ。


 カメラの前で小林が「31歳の兄に、GPSをつけて監視をしています」と暴露すると、「えぇっ!?」と驚くマスカッツメンバーたち。「好きなんですよ、お兄ちゃんが。どこにいるか確認しておきたい」と、その理由について説明する小林だが、大久保佳代子も「怖い怖い……」と、思いがけない告白にやや引き気味だ。

 さらに小林は、最近兄に彼女ができたらしく、GPSの情報がラブホテルを指しているときもあると報告。その際には、自分を思い出してもらうために電話をかけまくるのだと語ると、光浦靖子も「なんで!?」と悲鳴を上げた。


 「彼女との最中に、一回妹の(自分の)ことが頭をよぎってほしいんだ!?」と、大久保理解できない様子でコメントしていた。


(C)AbemaTV


【見逃し視聴】
ブラコン・小林ひろみ、GPSで兄の行動監視に大久保佳代子ドン引き

【その他の注目記事・動画】