1904rgtm00


 マランダーでもたびたびご紹介しているセレブキャットラグドールのティモ。いつもは、そのセレブな暮らしや恋バナなんかをお届けしているわけだけど、今日はちょっと趣を変えてみよう。

 ひたすら「動きたくないでござる」を体現しているティモさんだ。



Talking Cat Says NO! -Cattitude-

 屋外のテラスに、たたんで置かれたデッキチェア。そのすきまに、なぜかすっぽりと収まっているティモ。どうやら陽の光があたってぬくぬく、かつ上半身にはほどよい日陰ができていて、最高のお昼寝スポットということらしい。

 それを見つけた飼い主が声をかけるんだけど、それに対するティモさんの対応がなんとも投げやりなんだ。

 「ティモ、おいで」
 「いやニャ」

1904rgtm00


 プイッとそっぽを向いてこれ以上相手はしないという態度を見せるティモ。

1904rgtm01


 しかし飼い主は食い下がって声をかけ続ける。

 「ねえティモ」
 「うるさいニャ」

 ついには手で揺さぶられて、ティモさんご立腹。
 「も~ほっといてニャ!」

1904rgtm03


 気持ちよさそうにしてるんだからそっとしておいてあげればいいのに!と思わなくもないけれど、そんなときこそちょっかいをかけたくなるのもまた、猫飼いの心理なのかな。

 コメント欄では、このティモくんの態度は大好評だった。

・この反抗的な態度がかわいい
・ティモが正しい。ほっといてほしいよね、こういうとき!
・飼い主のこと、相手にすらしてないのが最高
・不機嫌なティモ、めちゃくちゃいいな

 いやはや、絶対に動かないという強い意志のもと、しっぽをフリフリ不機嫌な顔をしているティモくんはたしかに最高にかわいかった。

 こういう態度にこそ猫らしさを感じてモエモエしてしまうのは、もう猫好きのサガだよね。

 ちなみにその頃、弟分のトビーくんはどうしていたかというと……。

1904rgtm02


 この椅子の真下にいたんだとさ。

written by momo

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273243.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

瀕死の状態の赤ちゃんリスを保護。無事に育て自然に帰したはずだったが、リスは家族たちを忘れていなかった
危機一髪!バック走行の車にチワワがひかれそうになるその瞬間!ボーダーコリーが咄嗟の判断で無事チワワを救出
環境の変化にお疲れ気味のこの季節、やっぱり動物たちに癒されたい!3月のベストペットたち
1匹の野良猫と遭遇した2人の兄弟。辛抱強く世話を続けて数か月後、5匹の分身を連れてやってきた!
フッサフサでハンサムか?アレの巨大さか?霊長類のオスが直面する「どっちかしか選べない問題」

―動画の紹介記事―

吸盤を使って蓋をクルクル開けるだと!?タコの賢さが凄すぎて世界が触手に包まれそうな件
危機一髪!バック走行の車にチワワがひかれそうになるその瞬間!ボーダーコリーが咄嗟の判断で無事チワワを救出
環境の変化にお疲れ気味のこの季節、やっぱり動物たちに癒されたい!3月のベストペットたち
100を超える古代エジプト碑文がアメジスト採掘場から発見される。この地に残された多くの謎を解くヒントを得られるか?
ダイオウグソクムシ先輩たちのお食事シーン。深海でむさぼるように食べていたものは、なんと!!(メキシコ)
最高のお昼寝スポットから絶対に動きたくないラグドールのティモ。飼い主への塩対応が絶賛される