no title

 猫は夜行性で、日中のほとんどをスリーピングに費やすDAYSなもんだから、「寝子」とも呼ばれたりなんかしているが、寝る場所は選ばないようだ。

 飼い主男性はピアノを弾いているのだが、ハンマーの上を今日の寝床として選んだこの猫。

 ピアノの鍵盤の動きに連動してハンマーも動くのだがまったく動じない。ピアノの音すら気にならないようで、まったく全然起きる気配はなしだ。

―あわせて読みたい―

傷ついた野良猫たちを保護していった結果、9匹の猫を家族にしたトルコのピアニスト
させぬ!行かせぬ!人間の生活をことごとく邪魔する猫たちの所業
本当の愛ってこんなにも伝わる。猫の救世主、トルコのピアニストの演奏をスマホから盲目の猫に聴かせたところ・・・
猫がオーケストラにピアノ演奏で出演!?しかもうまい具合に演奏とかみ合ってる!「CATcerto」
飼い主の弾くピアノと飼い主にうっとりの猫。ゴロゴロしながら連弾したりしなかったり


Cat Lies Down on Piano Keys While Human Plays a Tune - 1034223-2

 てこでも起きない。それが猫クオリティ
 男性のピアノに陣取り、気持ちよさそうに眠る猫

2

 これは完全に寝てますわ。

4

 ピアノを弾こうと思ったら既に猫がいたのか、弾いていたら猫がやってきたのかはよくわからない。だが猫ってそういうところあるあるだ。 

 飼い主が今使用しているモノ、あるいはこれから使おうとおもうモノのそばにやってきて、いちばん邪魔なポイントにドンと居座りがち、そこで寝がちなのは、猫飼いならば良く知っていることだろう。

 例えばキーボードを打っている時にはキーボードの上とか、テレビを見てるときにはモニターの真ん前とか、ある種の「私はここにいるけど?」という存在アピールなのかもしれない。それならっと、猫にかまおうとするとプイっとどこかにいってしまったりもして、なかなか一筋縄ではいかない、だがそれが良いのだ。

 でもこの猫の場合、飼い主の弾くピアノの音色が好きで、子守歌のように聞こえていたのかもしれないね。

追記:(2019/4/16)本文を一部訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273219.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

最高のお昼寝スポットから絶対に動きたくないラグドールのティモ。飼い主への塩対応が絶賛される
瀕死の状態の赤ちゃんリスを保護。無事に育て自然に帰したはずだったが、リスは家族たちを忘れていなかった
危機一髪!バック走行の車にチワワがひかれそうになるその瞬間!ボーダーコリーが咄嗟の判断で無事チワワを救出
環境の変化にお疲れ気味のこの季節、やっぱり動物たちに癒されたい!3月のベストペットたち
1匹の野良猫と遭遇した2人の兄弟。辛抱強く世話を続けて数か月後、5匹の分身を連れてやってきた!

―動画の紹介記事―

70万年前を生きた世界最大種のクマ「アルクトテリウム・アングスティデンス」の化石が発見される(アルゼンチン)
最高のお昼寝スポットから絶対に動きたくないラグドールのティモ。飼い主への塩対応が絶賛される
吸盤を使って蓋をクルクル開けるだと!?タコの賢さが凄すぎて世界が触手に包まれそうな件
危機一髪!バック走行の車にチワワがひかれそうになるその瞬間!ボーダーコリーが咄嗟の判断で無事チワワを救出
環境の変化にお疲れ気味のこの季節、やっぱり動物たちに癒されたい!3月のベストペットたち
猫は寝子だけど!なぜそこで熟睡できる?そして起きない?演奏中にずっとピアノの上で眠る猫