2009年5月にがん性リンパ管症のため58歳で亡くなったロックミュージシャン忌野清志郎さんの未発表音源が発見された。

発見されたのは、2001年タレント間寛平に提供した「ジャングル・ジム」を、清志郎さん本人が歌ったもの。清志郎さんのレコーディングを目の前で聴いているようなリアルサウンドを体感出来ると共に、オンマイク気味の清志郎さんのボーカルドライブ感のあるサウンドは、清志郎さんのファンならずとも必聴の音源だ。

この「ジャングル・ジム」の音源は、まもなく開催される「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂Love&Peace 2019年5月4日FINAL〜」の会場でのみ販売されるライブパンフレットに組み込まれる、CD-Rへの収録が決定した。

なお、このパンフレットは、ライブに来られないファンのために、16日からビクターオンラインストアにて限定先行予約が行われる。