ソニー損保は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金を通じて、全国の幼稚園保育園太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する取組みを続けています。このたび、ソニー損保からの寄付金による計1基の「そらべあ発電所」の寄贈が決まり、2019年4月15日(月)から、そらべあ基金が寄贈先の募集を開始しました。
ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(代表:冨田秀実氏、所在地:東京都港区、以下「そらべあ基金」)を通じて、全国の幼稚園保育園太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する取組みを続けています。

このたび、ソニー損保からの寄付金(*1)による計1基の太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈が決まり、2019年4月15日(月)から、そらべあ基金が寄贈先の募集を開始しましたのでお知らせします。

「そらべあ発電所」設置を希望される、幼稚園保育園の関係者の皆さまからのご応募をお待ちしております。詳しくはそらべあ基金のウェブサイトをご確認ください。


太陽光発電設備「そらべあ発電所」設置イメージ

■「そらべあ発電所」これまでの寄贈実績
ソニー損保では、これまでに合計23基の「そらべあ発電所」を全国の幼稚園保育園に寄贈・設置しており、現在、24基目・25基目の設置に向けた準備を進めています。
今回の寄贈先募集により、ソニー損保が寄贈する「そらべあ発電所」は計26基となりますが、今後も「そらべあ発電所」を幼稚園保育園に寄贈していくことで、子どもたちの環境に対する関心を高めるためのサポートを続けます。

ソニー損保が過去に寄贈した「そらべあ発電所」については、「活動レポート(https://ecology.sonysonpo.co.jp/report/powerplant/)」をご参照ください。

<本文の注記>
(*1)ソニー損保は、自動車保険の「保険料は走る分だけ」という商品特性を生かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラムhttps://ecology.sonysonpo.co.jp/solarbear/)」の運営を通じてそらべあ基金に寄付を行っています。お客様が契約を継続されるときに、前年の実際に走った距離が予想年間走行距離を下回っていた場合、車の運転によるCO2排出量が予定より減って環境保全に貢献されたと考えられます。「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」は、ご契約者の環境保全への貢献に呼応する形で、走らなかった距離の総合計100kmにつき1円をソニー損保がそらべあ基金に寄付をするものです。

(*2)「そらべあ発電所」寄贈先は、そらべあ基金が選定します。なお、同基金では、賛同企業からの寄付をもとに「そらべあ発電所」を全国の幼稚園保育園に寄贈する取組みを「そらべあスマイルプロジェクト」と称しているため、リンク先のタイトルは「そらべあスマイルプロジェクト」となっています。

配信元企業:ソニー損害保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ