ジャスティン・ビーバーと結婚したモデルのヘイリーが、“Bieber Beauty”(ビーバー・ビューティー)の商標登録を出願していたことが明らかになった。米国特許商標庁によると出願日は2018年8月10日で、詳細はまだ発表されていないが、“美容製品と化粧品”を発売するものとみられている。

 自身のブランドを立ち上げるのは初めての彼女だが、モデルとしてすでにロレアルプロフェッショナルブランドアンバサダーを務めたほか、オーストラリアブランドModelCoでメイクラインプロデュースしたこともある。昨年9月にはベアミネラルの顔に選ばれ、“Full of, Free of”キャンペーンモデルを務めた。

 一方、ファッション分野ではリーバイス501ジーンズの顔だったほか、アディダス、H&MRoxyなどにも採用され、先月にハワイアン・プロ・サーファー、ケリア・モニーツ(Kelia Moniz)とコラボし、スイムウェア・ラインSister”を立ち上げている。

 2018年10月に彼女は“Hailey Bieber”の商標登録も出願しており、運動靴、水着、ジーンズ、ドレスブレザースカート、帽子、Tシャツスリープウェア、ランジェリー、リラックスウェア、フットウェア、ジャケット、スウェット上下、靴下など幅広いアイテムプロデュース予定のようだ。

ジャスティン・ビーバーの妻ヘイリー、コスメ・ブランド“Bieber Beauty”を立ち上げか