チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、マンチェスター・シティvsトッテナムが日本時間17日28:00にシティ・オブ・マンチスターキックオフされる。敵地で先勝を許した優勝候補シティが、エース不在が懸念されるスパーズ相手に逆転を目指す運命の大一番だ。

9日にトッテナムの新本拠地トッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた1stレグではアウェイのシティが試合序盤にPKのチャンスを得たが、FWアグエロシュートを守護神ロリスビッグセーブで阻止。その後、後半序盤にエースFWケインを負傷で失う窮地に立たされたホームチームだったが、78分にFWソン・フンミンが挙げた決勝点を守り切り、下馬評を覆す会心の勝利で新スタジアムでのデビュー戦を1-0の勝利で飾った。

アグエロのPK失敗が響きアウェイゴールを奪えずに初戦を落としたシティだったが、トッテナム戦で先発した7選手を引き続き起用して臨んだ先週末のクリスタル・パレス戦ではFWスターリングの2ゴールと、FWガブリエウ・ジェズスのゴールによって前回対戦で敗れた相手にきっちりリベンジ。今回の2ndレグに弾みを付けることに成功した。前回対戦に続いて休養日の短さとコンディション面の不安は拭えないが、ホームアドバンテージを生かして勝ち切りたい。

一方、新スタジアムでの熱狂的なホームサポーターの後押しを受けて先勝に成功したトッテナムだが、同試合でケイン、MFデレ・アリ、ウィンクスという3人の主力が負傷を強いられる大きな代償を払うことに。それでも、週末に行われたハダースフィールド戦では守護神ロリス、DFヴェルトンゲン、MFムサ・シソコ、MFエリクセンを除く7選手を入れ替えた中、ハットトリックを達成したFWルーカス・モウラ、先制点を決めたMFワニャマ、FWジョレンテと代役候補が圧巻のパフォーマンスを披露。主力離脱の不安を払しょくする4-0の大勝劇で敵地でのシティ戦に大きな弾みを付けている。

なお、今季の公式戦26試合で24勝とホームで圧倒的な強さを誇るシティだが、プレミアリーグパレスに、CLでリヨン相手に敗戦を喫している。また、トッテナムとの直近のホームゲーム3試合では1勝1敗1分けの全くの五分となっており、決して油断できない状況だ。

最後に両者の勝ち抜けの条件はトッテナムが引き分け以上で文句なし。さらに、アウェイゴール1点以上を奪っての1点差負けでも突破が決まる。一方、シティの逆転突破の条件は2点差以上を付けての勝利だ。なお、シティが1-0のスコアで90分の戦いを終えた場合のみ、延長戦へと突入する。(延長戦でもアウェイゴールが適用)


マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ
MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ
FW:ベルナルド・シウバアグエロスターリング
負傷者:GKブラーボ、MFジンチェン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはハムストリングのケガが癒えたものの前日練習を欠席したジンチェンコの起用が難しいようだ。その一方で、パレス戦でメンバー外となったフェルナンジーニョ、コンディションの問題で軽めの調整が続いていたアグエロスターリングの3選手に関しては起用可能だ。

1stレグでは予想外メンバー構成で臨んだグアルディオラ監督だが、今回の2ndレグでは小細工なしのベストメンバーで臨むはずだ。ただ、ジンチェンコが間に合わない可能性が高い左サイドバックに関してはラポルテ、メンディの二択となりそうだ。ラポルテが起用される場合、オタメンディがストーンズとコンビを組む見込みだ。また、グアルディオラ監督が90分間の起用が難しいと認めたアグエロに関してはスタートで行けるとこまで行くのか、得点のほしい時間帯に切り札として投入するのか、2通りの起用法があるようだ。

トッテナム
【4-2-3-1】

トッテナム予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ロリス
DF:トリッピアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス
MF:ムサ・シソコ、ワニャマ
MF:エリクセン、デレ・アリ、ローズ
FW:ソン・フンミン
負傷者:DFダイアー、オーリエ、MFウィンクス、FWケイン
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては1stレグを欠場したダイアー、オーリエの2選手に加えて、1stレグで左足首に重傷を負ったエースケイン、そ径部に問題を抱えるウィンクスの2選手が欠場となる。その一方で、左手を骨折して直近のハダースフィールド戦でベンチ外となったデレ・アリと負傷明けのラメラの起用が可能となっている。

システムとスタメンに関しては予想が難しいところだ。前回対戦で機能した[4-2-3-1]を継続する場合、ウィンクスケインの代役の選考に注目が集まる。前者に関してはワニャマの起用が濃厚だが、後者に関してはルーカス・モウラ、ジョレンテに加え、ソン・フンミンを最前線に置きローズを左ウイングで起用するサプライズの可能性もありそうだ。

4バックからより守備的な3バックに変更する場合、ダビンソン・サンチェスが3バックの中央に入り、ムサ・シソコの相棒にデレ・アリ、前線にルーカスが入る[3-4-3]、あるいは[3-5-2]の形が想定される。

★注目選手
マンチェスター・シティ:FWラヒーム・スターリング
マンチェスター・シティの注目プレーヤーは絶好調の万能型アタッカーのスターリングだ。先週行われた前回対戦ではチームの多くのアタッカーが相手の堅守に封じ込められた中、PK奪取に繋がるシュートや再三の鋭い仕掛けで最も相手守備陣に脅威を与えていた24歳のイングランド代表は、シティの逆転突破のキーマンとなるはずだ。

前回対戦ではグアルディオラ監督の方針でベストメンバーを組めなかった中、孤軍奮闘の働きを求められたが、今回の試合ではデ・ブライネ、ベルナルド・シウバイメージを共有できるプレーヤーの復帰が見込まれており、よりボックス近辺での仕掛けやフィニッシュに特化した仕事に集中できるはずだ。相手の布陣が読み辛いところだが、左サイドでトリッピアー、シソコを相手に果敢に仕掛けて攻め手となると共に、得意のオフ・ザ・ボールの動き出しでデ・ブライネらのスルーパスから相手最終ラインの背後を狙っていきたい。

トッテナム:FWソン・フンミン
トッテナムの注目プレーヤーエースストライカーの大役を任されたソン・フンミンだ。前回対戦では後半序盤のケイン負傷離脱という窮地に立たされたチームを見事な個人技からのゴールで救う見事な活躍を果たした韓国代表のエースは、短い出場時間となった直近のハダースフィールド戦でもルーカスハットトリックを演出するアシストを記録するなどトップフォームをキープしている。

ケイン不在となる今回の試合では最前線、ウイングセカンドトップとどのポジションで起用されるか微妙なところだが、求められるタスクは相手ビルドアップを牽制するファーストディフェンス、前がかりな相手最終ラインを引っくり返す背後へのスプリント、カウンター時のフィニッシャー役だ。相手にボールを持たれる展開の中で少ない決定機をモノにする勝負強さでチームを初の4強に導きたい。
サムネイル画像