今回ご紹介するのは、稲葉百万鉄さんの『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆シリーズです。

 2017年11月初投稿から執筆時点(2019年4月9日)までに124本が投稿。新Partが投稿されるとほぼ確実に『実況プレイ動画カテゴリランキング上位に現れるという人気シリーズです。

 ランキング常連のため、多くのニコニコ動画ユーザーが一度は目にしたことがあるであろうこのシリーズですが、その投稿数の多さからチェックしていない人もいるはず……。

 ということで今回はこの『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆』シリーズの見どころご紹介します。

―あわせて読みたい―

最高レアよりブルマがお好き? 「開運!ガチャガチャ十番勝負」でガチャの引きの強さを競うはずが男の欲望まみれの展開に!?

『どうぶつの森』をゲーム実況者グループ「ナポリの男たち」がプレイした結果、抱腹絶倒の連続だった「オレンジを10000ベルで売るなww」


新鮮な反応! 初見プレイならではの行動も

 ゲーム実況プレイ動画の見どころといえば、やはり実況者のリアクションやトークプレイ中に起きるさまざまなゲーム内の出来事に対する反応や対応は人それぞれ十人十色のその姿を見ることができるのは実況プレイならではです。

 どうぶつの森シリーズは奥様のプレイをちらっと見た程度で、きちんとプレイするのは初めてという稲葉百万鉄さん。村で起きる出来事に新鮮な反応を見せています。

 どうぶつの森といえば村に暮らすどうぶつたちですが、ここで新鮮な反応が一つ。セーブをせずにゲームを終了すると現れる名物キャラクターリセットさん”。

 1日1リセットを掲げる稲葉百万鉄さんは『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part11』でもいつも通りリセットしますが、そこに現れたのはリセットさんの兄“ラケットさん”。突然の登場に「あっ! は? リセットさんじゃない」と困惑。見知らぬどうぶつの登場に驚く姿は、どう森ユーザーにとっても新鮮な反応かもしれません。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part11』より。

 全篇通して楽しそうにプレイしている稲葉百万鉄さん 初見プレイならではのトラブルも度々発生。

 『◆どうぶつの森e+ 実況プレイpart9』では、アイテムの圧迫に悩まされ持ち物の整理のため“ちゃだんす”を購入した稲葉百万鉄さん。収納を期待して家に配置しますが、購入したちゃだんすは収納機能の無いアイテム。想像と違うアイテムに「えー、すごくいらない」と笑いながらも残念そうでした。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part9』より。

 家具の機能で一喜一憂……とはいかないものの、予想していなかった出来事が起きるというのは、どうぶつの森初見プレイならでは、ではないでしょうか。

見慣れぬタグ「イナババ怪文書リンク」

 今後『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆』の動画を見ていくと不可思議なタグを見かけるでしょう。Part4を皮切りに度々現れるタグ「イナババ怪文書リンク」。これもまた不可思議なタグの一つですが、このタグのついているPartもまた見どころのひとつなのです。

 事の始まりはPart4です。まだまだ村の生活になれていない稲葉百万鉄さんは、タヌキ商店でのアルバイト中に特売のお知らせを手紙で送る仕事が任されます。

 役場に向かい「たぬきちの店の宣伝をすれば良いんだよね」と手紙を書き始める稲葉百万鉄さん。手紙の書き出しは“へいそよりたいへんおせわになっております”。「丁寧に行きましょう」と丁寧な文でお店のPRをしようとしますが……。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part4』より。

 6行目にたどり着いたところで改行ができなくなったことに気が付きます。そのままでは何も伝わらない文章に我慢できず笑い出した稲葉百万鉄さんの口からは「これ、怪文書じゃない?」。このシリーズ怪文書というタグが使われるようになった瞬間でした。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイpart4』より。

 現在までにイナババ怪文書リンクが登録されているシリーズ動画は17本。度々怪文書を送る稲葉百万鉄さんですが怪文書タグのついていない動画でも手紙や掲示板を使用する機会は多く、毎回独特な言葉まわしで思わず笑ってしまう文章を生み出しています。

度々起きる大事件。実録「6086ベル事件」

 Part数が増えるごとにヤバさが増すという声もあるこのシリーズですが、その中でも代表的な事件がいくつかあります。どうぶつの森で事件というのも不思議な響きですが、『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆』には存在するのです。ここでは代表的な事件のひとつ「6086ベル事件」をご紹介します。

 事件が起きたのは『◆どうぶつの森e+ 実況プレイpart21』。村のどうぶつたちと交流していた稲葉百万鉄さんは、シリーズを通しても高い人気を誇る、村のアイドル的存在ブーケに話しかけます。

 “ひぞうの品”の取引を持ちかけるブーケ、お店では絶対に手に入らない代物という言葉に怪しさを感じつつも興味ありげな稲葉百万鉄さん。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part21』より。

 ブーケは稲葉百万鉄さんが所持している「6086ベル」と交換にひぞうの品を渡すつもりの様子。十分大金といえる金額の取引に稲葉百万鉄さんも「大丈夫?金額に見合ったものなんだろうね」と不安を隠せないようですが、実況者として断るわけにもいきません。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part21』より。

 取引を受け入れ「早くブツをよこせ」という稲葉百万鉄さんからは取引を早く終わらせたい雰囲気を感じますが、すでにブーケの手のひらの上。右手と左手のどちらかを選択し、当たればひぞうの品が手に入るという悪質なチャレンジが始まります。

 「外れたらどうなるの」と心配しながらも左を選択すると……正解は右だったようでハズレの品「ふるいミシン」が手渡されます。「6086ベルは取りすぎだけど」と笑うブーケの姿に稲葉百万鉄さんは「詐欺だよこれは!」「金なくなってる! ひどすぎる!」と相当悔しそうな様子。

 悪質な取引と返ってこないお金に怒りが収まらない稲葉百万鉄さんは、村の掲示板に告発文を掲載。勢いのある他力本願な告発文にコメントは爆笑の渦に包まれていました。

画像は『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆part21』より。

 この「6086ベル事件」の他にも、お気に入りのどうぶつが村を離れてむせび泣き闇落ちする稲葉百万鉄さんを見ることができる「引っ越し騒動」など、度々おもしろ事件が発生する『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆』シリーズは、どのPartも見逃すことができません。


 ランキング常連の『◆どうぶつの森e+ 実況プレイ◆』シリーズ。今回ご紹介したのはシリーズの極々一部でしかありません。

 Partを増すごとに面白さを増す稲葉百万鉄さんのどうぶつの森。未視聴の方や、Partの多さで視聴を避けていた方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

文/富士脇 水面

どうぶつの森e+ 実況プレイpart1

―あわせて読みたい―

最高レアよりブルマがお好き? 「開運!ガチャガチャ十番勝負」でガチャの引きの強さを競うはずが男の欲望まみれの展開に!?

『どうぶつの森』をゲーム実況者グループ「ナポリの男たち」がプレイした結果、抱腹絶倒の連続だった「オレンジを10000ベルで売るなww」