0_e


 玄関のドアベルが鳴ったので出ていくと誰もいない。いわゆるピンポンダッシュってやつだ。

 一体誰がこんないたずらをしているんだろう?家主は玄関前に監視カメラを設置することにした。するとばっちり、犯行の様子が映し出されていたのである。

 その犯人はまさかの・・・
 衝撃の結末はこの後すぐ!

 

―あわせて読みたい―

ハスキー犬と鹿が深夜に密会していた件(カナダ)
スタタタピョンッ!犬の頭上を華麗に飛び越えていったのは、なんと鹿!(アメリカ)
御馳走をもらってお辞儀をされたらお辞儀を返す。礼儀正しい奈良の鹿
人間の死体の骨を食べる鹿の姿が初めて観察される(アメリカ)
育ての親はグレイハウンド。育児放棄された鹿の犬化が加速していた。

 犯人はなんと4本足!
 猛ダッシュで玄関に近づいてきたかと思うと

1_e


 鼻先でドアベルを押していたのはなんと鹿!
 犯人は鹿!

2_e


 おっと仲間がいたようだ。犯行がばれないよう監視している役目なのか?見張り役までいるとか、緻密な計画的犯行じゃないか!

 身の安全を確認した犯行グループはそのまま逃亡していった模様。

3_e


 思いっきり逃げ足速いな。鹿だけに。

 これじゃ現行犯でも警察も追いつくの大変だろうさ。っていうか動物は治外法権だから、法廷で争っても無罪確定だな。

 奈良県民におかれましても、ピンポンダッシュの被害にあった場合には、警察に通報する前に監視カメラを確認の上、鹿の可能性を考慮にいれておいてください。現場からは以上です。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273221.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

未知との遭遇。生まれてはじめてニンゲンの赤ちゃんを見て呆然と立ち尽くす猫
混雑した通勤電車内に迷い込み行方不明となった犬、SNS大捜査網により無事飼い主と再会(アイルランド)
アメリカで犬や猫の里親ボランティアをしている人々は、それらにかかった諸経費を申告すれば税金控除されることに。
「はい、ここからここまでは食べちゃダメ!」羊に草を食べられないよう進入禁止区域を守るジャーマン・シェパード
ウサギの巣を見つけたらするべきこと。春のウサギシーズンに備えよう!

―動画の紹介記事―

荒ぶるトド。捕獲された漁船で大暴れ、漁師や犬に襲い掛かる(ロシア)
監視カメラに不審人物が!?警察が映像を確認したところ、そこには街灯の明かりを利用して宿題をする少年の姿が(ペルー)
混雑した通勤電車内に迷い込み行方不明となった犬、SNS大捜査網により無事飼い主と再会(アイルランド)
「はい、ここからここまでは食べちゃダメ!」羊に草を食べられないよう進入禁止区域を守るジャーマン・シェパード
斧ダーツとかいう超恐ろしいゲームにトライした女性、その結末はこの後すぐ!(アメリカ)
ピンポンダッシュをしてるのは誰?犯人を捜すために監視カメラを設置。驚くべき犯行の様子が映し出されていた!