~ “食”もゲームプレイを盛り上げる大事な要素 ~
株式会社ゲームエイジ総研(代表取締役社長:光井誠一)では、国内唯一の「ゲームビジネスに特化したマーケティングリサーチ&コンサルティングファーム」として様々な分析を行っております。現在のゲーマーライフスタイルやその特徴を把握するため、継続的に「ゲーマーライフスタイル調査」を行っております。今回は、その中でも10~20代の「1日3時間以上ゲームプレイする若年層ゲーマー」のリアルな声を調査しました。

■10代~20代の17.0%が平均して1日3時間以上ゲームをするゲーマー

10代~20代男女に2405名に1日平均でどれくらいのゲームプレイするか聞いたところ、「3時間以上」と答えた人は17.0%でした。【グラフ1】
1日3時間以上ゲームプレイすると回答した49.9%は学生という結果でした。そこで、この1日3時間以上ゲームをする10~20代ゲーマーに、「ゲームプレイ中の食」について聞いてみました。
ゲームプレイ中の「テッパン食」とは?
1日3時間以上のゲーマーとなると、長時間ゲームをする間にも、空腹は訪れます。しかし、熱中しているゲームを、中断はしたくない。そんな時、ゲーマーゲームプレイ中の食べ物をどのような視点でチョイスしているのでしょうか?1日3時間以上ゲームをしている10代~20代ゲーマーに「ゲーム中によく食べるもの」を聞いてみました。【表1】

■手が汚れても、『スナック』はゲームプレイをより楽しくさせる!


ゲーマーの半数以上が、ゲーム中に食べているものは「スナック」と回答。
その理由としては「美味しいから」「手軽だから」といった意見が多かった中で、「遊びながら食べるといったらこれだと思う、何かの映像でみた」(21歳/女性)、「ゲームをやりながら食べるならポテチだと思うから」(27歳/男性)、「ゲームをしてる!という雰囲気になるから」(25歳/男性)などといった回答が多くみられました。
「手を汚さず食べられるもの」などの回答も見られた中、コントローラーや専用機、パソコン本体を操作するにあたり、油汚れが気になり敢えてスナック菓子を避けているイメージがありますが、手の汚れ以上に、ゲームをしている雰囲気を増長させるための“テッパン食”として、「ポテトチップス」を代表するスナックと回答する人が多く、意外性のある結果でした。
また、他の回答としては「プリッツ」。理由としては「2袋に分かれて入っていて、15分で1袋ぴったり。歯に付きやすいのが難点だがポテトチップスなどと違い音が小さいので良い」(23歳/男性)と、やはり手の汚れよりも、ゲーム音をジャマしないからという理由があげられました。

■男性はゲームに集中するため糖分補給に積極的
次に多かったのは「チョコレート」。理由としては「美味しいから」「片手で食べられるから」といった手軽である、という視点の回答のほか、特に男性では、「糖分が高いため脳細胞が活性される」(28歳/男性)、「集中力が上がるから」(18歳/男性)、「頭を使うことも多いため、手軽に糖分を補給でき、尚且つ私が美味しいと感じるものが多いため」(17歳/男性)、「脳が活性化されてる気がする」(28歳/男性)といった回答が目立ちました。
脳をフル稼働させ集中力を高め、貪欲にゲームを楽しもうとしている、ゲーマーならではの本気を食で補完しようと考える特徴的な実態が垣間見えました。

また、25%がゲーム中に食べると回答したおにぎり。手軽な軽食としての代表格である「おにぎり」ですが、理由として「サバイバルの食べ物としてぴったりだと思ったから。つまり冒険物のゲームに適していると思う」(16歳/男性)と、冒険というゲームジャンルの雰囲気に没入するひとつのツールとしてゲーム中の食を考えている”こだわりゲーマー”の意見も見られました。

その他、変わったところでは、「いちご」を挙げ、理由として「水分を摂れるし、ゲーム中は頭を使うので甘いものが良いと思う。だけど、甘すぎると喉が乾いてしまうから、甘酸っぱく水分補給ができるいちごがいいと思う。」(15歳/女性)「ご飯系だと、冷めたり、箸などを使うから一旦ゲーム機を置かないといけないけど、いちごはつまんで齧り付くだけだから楽」(15歳/女性)などが挙がりました。単に糖分を補給するだけではなく、同時に水分や気軽さ全てを兼ね備えているものとして、「いちご」という選択に至っている意見が見られ、ゲーマーならではの特徴的な思考回路が感じられます。

■“食”もゲームを盛り上げる大事な要素と考える
ゲームをしながら食べるものの傾向として、手が汚れない気軽なものを重視するようなゲーマーならではの物理的な要素も見られましたが、逆にゲームプレイをより楽しくする・盛り上げるなどの心理的な視点で食を考え、またチョイスしている傾向が見られたのは非常に興味深い結果であり、能動的に“楽しもう”という意識が強い若年層ゲーマーのひとつの特徴なのではないでしょうか。

配信元企業:株式会社ゲームエイジ総研

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ